シンヤブログ

アニメに救われて本の虫になった男が綴るブログ

MENU

新時代の幕開け!5Gってそもそも何?5Gによって起こる世界の変化

《この記事は以下の人向けです》

  ‣5Gに興味関心がある人

  ‣5Gについてそこまで詳しくない人

  ‣未来がどうなるのか不安な人

  ‣時代の変化に興味がある人

 

どうもーシンヤです!

今回のこの記事では、近年ニュースなどでも取り上げられるようになってきた5G(第5世代移動体通信ついて書いていきたいと思います。

『5Gとはそもそも何なのか?』『それが世の中に普及することによってどのような変化が生じるのか?』を書いていきますので、あまり5Gについて知らないという方でも理解しやすい内容になっているかと思います。

 

 

5Gとは?

 

f:id:shinyaw:20190703030659j:plain

 

5Gとはそもそも何なのか?

このブログを見ている人なら既に分かっている人も多いかと思いますが、5Gは現在の回線である4Gの次に来る新回線です。

簡単に言うと、4Gの進化系ですね。

この次世代無線通信・5Gは2020年に提供開始が予定されていて、ソフトバンクなどの企業は既に商用化に向けて動き出しています。

たとえ開発が遅れたとしても2020年代前半にはできると思うので、これはそう遠くない未来の話です。

5Gの特徴としてこれまでの4Gとの大きな違いは次の3つのものが主に挙げられます。

 

高速大容量通信

(eMBB=enhanced Mobile Broadband)


超高信頼低遅延

(URLLC=Ultra-Reliable and Low Latency Communication)

 

超多接続

(mMTC=massive Machine Type Communication)

 

以下では、この3つをメインに書いていきます。 

 

①高速大容量通信

 

 5Gの大きな特徴として一番はじめに挙げられるのがこれですね。

簡単に言うと、一度に膨大なデータの通信が出来るようになります。

eMBB (enhanced Mobile Broadband)という技術により、現在の4Gでは1Gbpsのみですが、1秒間に今までの20倍である最大20Gbpsものデータを送信することができるようになります。

今までの比じゃないですよね(笑)

「今でも動画とかは問題なく見れてるけど、これ以上増えてメリットなんてあるの?」

などと思った方もいるかと思いますが、メリットは大いにあります。

 

 

ダウンロードやインストールの高速化

 

f:id:shinyaw:20190703030628j:plain

 

現在の4Gでは、曲や動画、ゲームなどをダウンロードするときになかなかの時間がかかりますよね。

ゲームや2時間くらいの動画なんかをダウンロードするとなると待ちくたびれます。

ですが、5Gになることによってダウンロードやインストールなどのスピードが高速化されるので、一般人が扱うデータ量ならほとんどのものが数秒程度の時間でダウンロードやインストールが可能になります。

そうなれば、仕事の効率は上がりますし、LINEなんかのチャットアプリで長い動画なんかも貼りやすくなりますよね。

ネットでの交流がさらに活発になるでしょう。

 

 

より高度なVR体験の実現

 

f:id:shinyaw:20190703030906j:plain

 

5Gになって一度により多くのデータを送れるようになると、より高画質の動画や画像が見られるようになります。

それによって進化するのが皆さんもご存じであろうVRです。

現在のVRは確かにまるでそこにいるかのように感じることはできるのですが、やはりまだリアリティがかけているように感じます。

VR酔い」というのが生じるのもVR空間のリアリティがかけていたり、映像が遅れることによる視点ずれが生じるのが原因ですしね。

5Gが出て、大容量通信が可能になれば、映像の高速配信が可能になるので視点ずれなどは改善されるでしょうし、4K/8Kの高精細な映像を送れるようになるので人工知能の世界的権威であるレイ・カーツワイル氏の予測通り、2020年代にはほとんどリアルの世界と変わらないクオリティの仮想空間が実現されるかもしれません。

これからのVRの進化が楽しみですね(笑)

 

あなたの生活をお得にする情報が盛り沢山!

 

②超高信頼低遅延

 

f:id:shinyaw:20190703031027j:plain

 

そもそも「遅延って何?」と思う人もいるかもしれないので初めに説明しておきます。

簡単な例を挙げるとニュースなどでブラジルなどの遠い地域にいるキャスターに声が届くまでに時間がかかるような光景をよく見ますよね。

遅延というのはその時間差のことです。

つまり、低遅延というのは時間差が短くなるということです。

端末からアンテナまでの無線区間通信は、現在の4Gでは0.01秒かかるのですが、5Gになることによって今までの10倍のスピードの0.001秒で通信することができるようになります。

「4Gの0.01秒でも十分速いのでは?」と思った人も正直いるかと思いますが、それによるメリットが以下の通りです。

 

 

自動運転社会の実現

 

f:id:shinyaw:20190703031149j:plain

 

現在、GoogleToyotaなどの企業が自動運転の実現に向けて研究開発を進めていますが、この自動運転の実現における課題の一つがAIエンジンとの通信です。

確かに現在の4Gの0.01秒でもかなり速いのですが、自動運転にはそのわずかな誤差が事故を招く原因になってしまいます。

5Gになることによって通信速度が上がったり、一度に膨大な情報を送れるようになるので操作の確実性も増して操作ミスなんかも減り、自運転の安全性が上がるのは明らかです。

通信速度が上がって、安全性が増すなら速くなるに越したことはありません。

MEC(Mobile Edge Computing)と呼ばれる技術と組み合わさることで、AIとのやりとり時間が短縮化され、安全な自動運転社会が近い未来、実現されるかもしれません。

ですが、それが実現するにはまだ少しだけ時間がかかると思うので、AIによる自動運転が実現する前に遠隔操作による自動運転が実現するかもしれません。

簡単に言うと、本物の車をラジコンのように遠隔操作するということです。

上で述べたように、VRの技術が進歩してくるのでタクシー運転手などの運転手の人がVRゴーグルで運転席の景色を見て、遠隔で車を操作するなんてこともあるかもしれません。

VRゴーグルをかけて遠隔で操作している姿を想像したら、少しだけ間抜けに見えますね(笑)

 

 

機械の細かい遠隔操作が可能に

 

f:id:shinyaw:20190703031319j:plain

 

上で述べたように5Gの高速大容量通信と超高信頼低遅延を応用することで、まるでその場で操縦しているのと同じ感覚で、機械の遠隔操作を行えるかもしれないということは、運転以外にも多くのことが遠隔操作可能になります。

例をいくつか挙げると、医療分野に応用されれば手術なんかの細かい作業も遠隔操作によって行える可能性があるでしょうし、建設や工事現場に応用されれば、少し特殊な重機器のオペレーター(操縦資格保有者)は不足している傾向にあるので、遠隔操作によってその穴を埋めることもできます。

少子高齢化などの影響で人材が足りていない現在、AIで代行するのに時間がかかりそうなものはこのような方法で人員を削減したりするかもしれませんね。

 

マンガ無料立ち読み

 

③超多接続

 

f:id:shinyaw:20190703031342j:plain

 

名前の通り、5Gでは4Gに比べてより多くの端末に同時接続することができるようになります。

そこでどれだけの数の端末に同時接続できるようになるのかというと、驚いたことに1㎢あたり100万以上の機器を通信回線に同時接続できるといいます。

なぜこんなに多くなるのかというと、現在の携帯電話網は携帯電話やスマートフォンで利用することを前提にしているため、多数のデバイスを同時に接続する設計にはなっていません。

しかし、これからの時代はスマホタブレットだけでなく、自動車、家電などあらゆるモノがインターネットにつながるようになり、ますますIoTが普及するようになることが予想されるので、今のままでは対応するにも限界があのです。

そこで5Gでは、そんなこれからの時代に合わせて現在のLTEの100倍以上の同時接続数を実現するという仕様設計がされているのです。

 

【国内最速No.1】高性能レンタルサーバーConoHa WING

 

まとめ

5Gは以上で述べた通り、今までの4Gからさらに大きく性能が上がり、これからのテクノロジーに大きく関わってくるものとなります。

5GはARやVR、遠隔操作、自動運転などの実現のためには欠かせないものです。

実現すれば、より人々の生活が楽で便利な素晴らしいものとなることでしょう。