シンヤブログ

アニメに救われて本の虫になった男が綴るブログ

MENU

僕が実際に成功した本を読む習慣を無理なく身につける方法

《この記事は以下の人向けです》

  ‣読書の習慣を身につけたい人

  ‣本を普段から読みなれていない人

 

f:id:shinyaw:20190703012502j:plain

 

どうもー、シンヤです!

 

今回のこの記事では、『本を読む習慣を無理なく身につける方法』について書いていきます。

 

近頃、読書をする人が減ってきてしまっていますが、どんなジャンルの本でも読書は重要なものですし、自分の世界を広げてくれます。

 

小説を読めば、感性や共感能力、想像力を向上させてくれます。

 

図鑑や専門書、ビジネス書を読めば、より深く世界のことを知り、自身の知識や能力を高めてくれます。

 

哲学書を読めば、世の中のあらゆることの意味を考えるようになり、世界の見方や自身の考え方が変わるきっかけを与えてくれます。

 

史書や伝記を読めば、過去に生きた人々の考え、行動、歴史を学ぶことができます。

 

どんな本であろうと活字を読むことは結果的に集中力を高めてくれます。

 

本はあなたの考えや人生に影響を与えてくれるものであり、読んで悪いことは何もありません。

この記事があなたが本を読む習慣を身につける助けになればうれしく思います。

 

 

 僕が本を読む習慣を身につけるまで

まず、読む本を決める

 

f:id:shinyaw:20190703012550j:plain

 

まず、読む本を選ぶ。

まあ、読書をするんですから当然のことですよね(笑)

 

ですが、本選びというのはかなり重要です。

 

なぜなら、ここでつまらない退屈な本を手に取ってしまえば、本を読む習慣なんて身につくわけがないからです。

 

どんな読書家でも読んでいて退屈してしまうような悪書は読む気が失せます。

悪書だと思ったら思い切って読むのはやめましょう。

 

やはり、興味があって自分が面白いと思える本を読むべきです。

 

個人的に読書習慣を身に着けるのには1冊で完結する小説がオススメです。

 

小説というのは読んでいくにつれて引き込まれていくものなので、ほかのジャンルの本に比べてモチベーションや集中力を最後まで維持しやすいですし、1冊で完結するので比較的読みやすく、難易度は低いと思います。

 

本を読む習慣を身につけるのに最も重要なのは達成感を得ることです。

 

その面でも1冊で完結する小説は向いているかと思います。

 

雑誌読み放題!月額380円で250誌以上が読み放題

 

いつ読むのかを決める

 

f:id:shinyaw:20190703012638j:plain

 

本を読む習慣を作るには明確にいつ本を読むのか決めてしまいましょう

 

朝起きてからでも寝る前でも通勤・通学時間でもいつでもいいです。

とにかく決めてください。

 

僕の場合、今は大学生で通学時間が少し長いのでその時間を読書の時間にあてています。

 

あと、最近は毎週日曜日に昼頃から近所にあるブックカフェに行って、日が暮れるまで書店に置いてある本を眺めて面白そうなのがあったら、片っ端から読み漁っています。

 

さらに僕は平日は文庫本、休日はビジネス書や哲学書を読むと決めていて、多ジャンルの本を読む方はそんな風に分けてもいいかと思います。

 

現在の僕はそんな感じで読書をしていて、週3~5冊程度は本を読んでいます。

ひと月だと12~20冊、年間だと144~240冊も読んでいることになりますね(笑)

 

本をいつ読むのか決めて、その時に本を読むように意識して実行すればひと月も経たないうちに習慣化することができるでしょう。

 

【DMM.com 電子書籍】

 

一度に読むページや時間を決める

 

f:id:shinyaw:20190703012726j:plain

 

ページを決める

 

まず、ページ数を決めるというのは一度読み始めたら必ずここまでは読み切ると決めるということです。

 

僕の場合は章が変わったり、場面が変わるところまでは読むとよく決めていますが、これはべつに人それぞれ好きに決めてしまえばいいです。

 

あまり普段から本を読まない人なら、10ページとかでもいいので自分が無理なくできる範囲で決めてください。

 

時間を決める

次に時間制限を設けるということですが、これは読み始めてから何分後には読書をやめると決める方法です。

 

この方法で重要なのは本を読み始める前にアラームをセットしてそれが鳴ったらどれだけ中途半端なところでも必ず読書をやめるということです。

 

この方法はあえて中途半端なところでやめることによって早く続きを読みたいと思わせ、次回も読書を主体的に続けさせるのが狙いです。

 

勉強法などにも使われている方法ですね。

 

工場直販ならではのコスパ!和楽ソファー

 

まとめ

以上が僕も実践した読書を習慣化する方法になります。

 

いつ読むのか決めて、何ページ読むのかや時間制限を定めるようにして併用してもいいかと思います。

 

何かを習慣化しようとすると少し大変なことを続けようとしますが、自分がこれなら続けられそうと思える範囲でいいのでとにかく自分で決めたルールに基づいて続けることにだけ、まずは意識を向けてください。

 

毎日意識的にやっていれば、ひと月後には当たり前のことになっていつの間にか習慣化できているはずです。

 

レベルを上げるのはとりあえず一度、習慣化してから徐々にしていきましょう。

 

何事もやる時の第一歩が一番つらいものですが、そこを乗り越えればこちらのものです。

 

自分のダラダラしたい気持ちに負けぬよう、頑張ってください。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

この記事があなたの助けに少しでも役立てればうれしく思います。

 

【ひかりTVブック(電子書籍)】

【DMM.com 電子書籍】

雑誌読み放題!月額380円で250誌以上が読み放題