シンヤブログ

アニメに救われて本の虫になった男が綴るブログ

MENU

京都アニメーション放火事件の主な内容とその被害

f:id:shinyaw:20190720232259j:plain

 

どうもー、シンヤです。

 

今回のこの記事では、京都アニメーション放火事件の主な内容とその被害』についてまとめていきたいと思います。

 

先日、残念な事件が起こってしまいましたね……。

 

事件の内容が悲惨だったということもありますが、放火されたのが京都アニメーションだったこともあり、アニオタのひとりとしてはかなり衝撃的な事件でした。

 

京都アニメーションがどんな会社なのか知らないという人もいると思うので、京都アニメーションがアニメ業界にとってどんな存在だったのかも書いていきます。

 

少しでも事件の内容を知り、被害者の方々を労わっていただけたら幸いです。

 

 

事件内容

f:id:shinyaw:20190720232337j:plain

 

 2019年7月18日午前10時30分ごろ、京都市伏見区桃山町因幡のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオで41歳の男(青葉真司)が約40リットルのガソリンをばらまいて放火し、爆発を伴う火災が発生。

 

京都府警による死傷者数は以下の通りです。

 

死亡:35人(男性14人、女性20人、不明1人)

 

重軽傷:36人(犯人の男も含む)うち17人は入院。

 

建物内には犯人の男を含めた計77人がいたらしく、残りの7人は無事だったようです。

 

Twitterで見かけた情報で確かな情報なのかはわかりませんが、事件が起こった当日はNHKの取材があるため、セキュリティが解除されており、テレビアニメの取材のために様々なアニメの要人たちが集結していたようです。

 

屋上へのドアは先週に屋上からたばこの吸い殻を捨てた人がいたため施錠されており、施設の階段が螺旋階段だったため、煙が速く広がってしまったようです。

 

様々な不運が重なってしまったようですね……。

 

犯人の男性は既に捕まっており、昨年の十月に殺害予告を京都アニメーションの公式ホームページに送っていたそうです。

 

警察庁によると、放火事件の被害者数では平成以降、最悪の大事件になってしまいました。

 

作品数・会員数No.1のアニメ見放題サービス【dアニメストア】

 

 犯人の動機と性格

f:id:shinyaw:20190720232818j:plain

 

 犯人の動機ですが、「死ね!」や「パクリやがって!」などと言いながら犯行に及んでいたわかっており、明確なことは分かっていませんが、被害妄想が激しいタイプの人間だったのかもしれません。

 

犯人の男は過去にコンビニ強盗をして逮捕されている過去があり、近隣住民と何度も騒音問題などでトラブルになっていたこともあり、精神疾患だった可能性もあるようです。

 

【au/うたパス】 月額300円で聴き放題!

 

考えられる被害

f:id:shinyaw:20190714002210j:plain

 

 今回の放火で考えられる被害としては以下のものが挙げられます。

 

・製作途中だったアニメーションの延期

 

・アニメ業界の技術者の減少

 

 ・現場にあったと思われるさまざまな資料の損失

 

他にもあるでしょうが、ぱっと思いつくもので特に大きい被害は以上の3つだと思います。

 

公開予定のアニメが延期になってしまうのももちろん痛いですが、それ以上にアニメ業界で高い技術を持っていた方々が被害にあってしまわれたのと、これまで京都アニメーションが築き上げてきた歴史とも呼べる資料が損失したのはかなりの被害です。

 

【スカパー!】加入月は視聴料0円!加入料も不要!

 

そもそも京都アニメーションとは

f:id:shinyaw:20190703030628j:plain

 

ここからはアニメに詳しくない人にも京都アニメーションがどんな企業なのかが分かるようにわかりやすく京都アニメーションについて説明していきます。

 

京都アニメーションは約160人ほどの従業員がいるアニメ制作会社で、約30年前に創業されました。

 

京都アニメーションは従業員はかなり少ないですが、アニメが好きな人なら誰でも知っているほどのアニメ制作会社で、アニメ業界のトップと言ってもいいほどのクオリティの高い作画が有名なアニメ制作会社です。

 

京都アニメーションの作画技術の凄さはアニメを見てもらえればすぐに分かってもらえるでしょうが、アニメに詳しくない人にもわかりやすく言うと、『君の名は』の監督で有名な新海誠監督の作品と同レベルかそれ以上と言ってもいいほどのかなり高クオリティな作画のアニメを京都アニメーションは作っています。

 

京都アニメーションが制作したアニメはほぼ確実にその期の注目アニメとなり、視聴者からも高い信頼を得ています。

 

京都アニメーションが制作したアニメの例を挙げると、響け!ユーフォニアム』『Free!』『ヴァイオレット・エヴァーガーデンなどが有名で、そのほかにも数多くの神アニメがあります。

社会現象レベルのアニメ涼宮ハルヒの憂鬱』『けいおん!を作ったのもこの会社です。

 

見てもらえれば、京都アニメーションの凄さが分かると思うのでぜひ見てみてください。

 

まとめ

本当に今回の事件は多くの方々が亡くなってしまったので、人としてももちろん悲しく思いますし、アニメ好きのひとりとしては非常に悲しく思います。

 

アニメイトなどのアニメショップなどでは京都アニメーションへの援助募金を行っているようで、アニメ好きの方々からそうでない方々まで数多くの方たちが募金をしているようです。

 

僕も少ないですが、募金しようと思います。

 

被害に遭われた方々、頑張ってください。

亡くなられた方々のご冥福お祈りしております。

 

今回の記事はここまでになります。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

国内最大級の取り揃え!【ひかりTVブック】

雑誌読み放題!月額380円で250誌以上が読み放題

【スカパー!】加入月は視聴料0円!加入料も不要!