シンヤブログ

アニメに救われて本の虫になった男が綴るブログ

MENU

【幸色のワンルーム】いったいどんな話?読んだことがない人にもわかりやすく内容と魅力を解説していく(ネタバレ少なめ)

《この記事は以下の人向けです》

  ‣幸色のワンルームが気になっている人

  ‣面白そうな漫画を探している人

  ‣考えさせられる話を見たい人

 

幸色のワンルーム(1) (ガンガンコミックスpixiv)

 

どうもー、シンヤです!

 

今回のこの記事では、『【幸色のワンルーム】がどんな話なのか?』について書いていきます。

 

【幸色のワンルーム】は個人的にメチャクチャお気に入りの漫画なので、もっと読む人が増えてほしいと思い、この記事を書きました。

 

この記事では、まだ【幸色のワンルーム】を読んだことがない人にもわかりやすいように【幸色のワンルーム】がどんな話なのかを解説していくので、この記事を読んで【幸色のワンルーム】に少しでも興味を持って、買って読んでいただけると嬉しく思います。

 

 

概要

幸色のワンルーム(2) (ガンガンコミックスpixiv)

 

現在は漫画で連載している【幸色のワンルーム】ですが、もともとは作者のはくり氏が2016年に『世の中いろんな人がいるという話』というタイトルでTwitterに投稿していた漫画から始まりました。

 

その漫画は多くの人に拡散され、後に【幸色のワンルーム】というタイトルで「ガンガンpixiv」に公開されるようになり、多くの人に見られて、今のように漫画化されることになりました。

 

2018年には実写ドラマ化もされていて、2019年には漫画の7巻発売と同時に外伝の漫画も出版されました。

 

 

どんなストーリーなのか?

幸色のワンルーム 3巻 (デジタル版ガンガンコミックスpixiv)

 

肝心の【幸色のワンルーム】の内容ですが、なかなか考えさせられるストーリーになっています。

 

 

家庭で両親からずっと酷い虐待を受け続け、体中に痣や傷がある14歳の少女。

 

少女が自殺しようと川に入ろうとしたその時、前々から少女のことを盗撮していたというお兄さんに自殺を止められる。

 

そして、誘拐という形でそのお兄さんに保護され、幸せになってほしいという願いを込めてお兄さんはその少女にという名前を与える。

 

お兄さんは幸に死なずにそばにいて幸せでいてほしい。

 

幸は親の虐待から逃れたい。

 

利害関係だけでつながった誘拐犯のお兄さんと被害者の幸の歪な関係が始まる……。

 

 

まあ、ざっとこんな感じのお話ですね。

 

一応、誤解しないように言っておくと、お兄さんは幸に対して酷いことは一切しません。

 

お互いに望んで一緒にいますが、世間一般からすればそんなことは知らないので、ただの誘拐事件であり、2人で追ってくる警察などから逃げる話になっています。

 

犯罪を肯定するかのような内容なので、賛否両論に別れるような内容ではありますが、あくまでも【幸色のワンルーム】はフィクションです。

 

1つの物語として見るべきですが、その上でも多くの心理描写からいろいろと考えさせられるものがある作品なので、是非とも読んでほしいです。

 

 

実写ドラマ版の幸色のワンルーム

幸色のワンルーム(4) (ガンガンコミックスpixiv)

 

【幸色のワンルーム】は2018年の夏に実写ドラマ化されました。

 

ネタバレは避けるのでドラマの展開は言いませんが、原作の漫画はまだ完結していないので、これからドラマと同じ展開になっていくかと言われれば少し違ってくるのではないかと思います。

 

ドラマでは出てこなかったキャラクターなんかも原作漫画の方にはいますしね(笑)

 

個人的には、原作の方ではドラマとは違う展開になってほしいものです。

あと、アニメ化するの待ってます(笑)

 

 

実写ドラマを打ち切りにした理由

幸色のワンルーム(5) (ガンガンコミックスpixiv)

 

【幸色のワンルーム】は2018年の夏に実写ドラマ化されたのですが、テレビ朝日が放送を途中で中止するという事態が起こりました。

 

一応、他局では放送していたようなのですが、テレビ朝日だけ放送を中止しました。

 

テレビ朝日がドラマの放送を中止した理由については言葉を濁していて、正確なことは分かりませんが、Twitterで『世の中いろんな人がいるという話』を投稿した半年前に朝霞市で女子中学生が監禁された事件が起きており、「その朝霞市女子中学生監禁事件をもとにしているのではないか?」という情報がネット上に出回っていたのが原因ではないかと考えられます。

 

他にも誘拐や虐待といった犯罪をモチーフとしている作品ですので、内容的にも誘拐を肯定するような内容になっているので、「犯罪を誘発する」ということで苦情もあったそうです。

 

個人的には犯罪者がアニメを見ていたから犯罪を起こしたと週刊誌などが言っているのと同じで「作品を見て犯罪を誘発とかバカじゃないのか?」と思うんですけどね。

 

世の中には重度の心配性な方もいるようです(笑)

 

犯罪を起こしてしまった人が悪いのであって、作品には罪はありません。

 

フィクションと現実を混同しないでほしいものですね。

 

この作品はいろいろと考えさせられる内容なので、個人的には放送すべき作品だと思います。

 

まだ見たことがないという人はドラマでも原作の漫画でもいいですが、是非とも見て自分なりに考えてほしいですね。

 

 

全世界270万軒の宿泊施設からプランを一括比較【ホテルズコンバインド】

キンドルの電子書籍出版代行なら「パブフル」

国内最大級の取り揃え!【ひかりTVブック】