シンヤブログ

アニメに救われて本の虫になった男が綴るブログ

MENU

【ようこそ実力至上主義の教室へ(よう実)】1年生編これにて終了!11.5巻の感想・レビュー(ネタバレ多数)

《この記事は以下の人向けです》

  ‣よう実を読んでいる人

  ‣ライトノベル11.5巻を読んだ人

 

ようこそ実力至上主義の教室へ11.5 (MF文庫J)

 

どうもー、シンヤです!

 

今回のこの記事では、『【ようこそ実力至上主義の教室へ】の11.5巻のレビュー』を書いていきます。

 

 11.5巻では春休みの間の話が描かれていましたが、相変わらず番外編の日常回などではなく、本来なら本編の方に入れるべき内容の話がたくさんありました(笑)

 

特に今回の11.5巻はかなりいろんなことが動き出した巻になっていたので、この記事で主な内容をまとめて最後に個人的な感想というか、レビューを書いていこうと思います。

 

11.5巻を読み終わった後に内容の復習なんかに読んでみてください。

 

ネタバレを多く含むので、まだ読んでないという人はここから先を読まないことをオススメします。

 

こちらの記事もよかったら読んでみてください。

↓↓↓↓↓↓

www.shinyawblog.com

 

 

茶柱先生と真嶋先生が仲間に

 

綾小路は退学させようと動いてくる月城理事長代行への対策として、学校側の大人の中に自分の味方を作ることにしました。

 

月城は学校の人間であって生徒ではないので、実際に月城が11巻でやったように対策できないような形で試験に介入されては、一生徒でしかない綾小路には月城を止めようと思っても手の出しようがありません。

 

そこで月城と同じ学校側の人間に監視をしてもらおうと考えたのです。

 

月城がやっていることは学校のルールに反する明らかに不正であり、それを正す正義感の持ち主ということで真嶋先生が適任だと言うことになり、真嶋先生に協力を求めました。

 

真嶋先生を説得するにおいて、その成功率を少しでも上げるために綾小路の事情を少しは知っていて、真嶋先生と同じ教師かつ元同級生である茶柱先生にも声をかけたというわけです。

 

坂柳からの説得もあり、茶柱先生と真嶋先生の両名にはホワイトルームのことなどは伏せたまま、学校のルールを無視している月城の不正が事実なら見過ごせないということで今後の月城の監視を引き受けてもらえました。

 

綾小路は月城への対抗策の1つを準備したわけです。

 

元生徒会長・堀北学が卒業

 

季節は春。

 

3年生である堀北学たちはAクラスのまま無事に卒業していきました。

 

3年間、Aクラスというポジションを守り抜き、高度育成高等学校の生徒会長としてトップをひた走ってきた堀北学の卒業は多くのものを最後に残していきました。

 

綾小路の心境にも変化があったようで、堀北学に言われた「生徒たちの記憶に残る生徒になれ」という言葉に引っ掛かりを覚えているようです。

 

個人的には、ようやく綾小路が本気を出し始めるのかと思いましたが、どうやら綾小路は堀北や龍園、一之瀬などの育成をしていくようです。

 

おそらく、自分に勝てるかもしれない存在を作りたいのかもしれません。

 

 

平田がヒロインに!?

 

平田がヒロインになるというのは完全にネタですが、山内の退学を乗り越えて、平田にも変化がありました。

 

これまで過去の友人自殺の件があったことにより、平田は誰にでも公平に接するようになり、どんな人であっても苗字で呼ぶように意識していました。

 

ですが、ここで1歩進もうと決意したのか、綾小路を名前呼びをしてもいいかと頼んできたのです。

 

これは平田と綾小路の交友関係が深まった証であり、平田が綾小路のことを1人の友人として特別視している証拠ですね。

 

 

 Bクラスとの協定破棄

 

この1年で綾小路たちのクラスはかなりの健闘をし、DクラスからBクラスまでのクラスポイントは団子状態になっています。

 

そこで今後のことを考えてBクラスとは争うことになるので、1年生の間結んできた協定を破棄しました。

 

堀北も綾小路も2年生の終わりにはBクラスの地位にいることを宣言しているので、ぶつかり合うことになるのはほぼ確実でしょう。

 

 

大半が綾小路の実力を見誤っている

 

11.5巻では綾小路の実力に気づき始めている生徒との話が全体的に多く含まれていました。

 

今まで水面下でやり過ごしてきた綾小路ではありますが、やはりいろいろと露呈してしまっているようで、何人かの生徒には勘づかれています。

 

ですが、全体的に見た感じ、まだ勘づいている生徒の多くが綾小路の実力を見誤っている印象を受けました。

 

綾小路の実力を的確に見ているのは卒業した3年生以外の中では以下の人物だけだと思います。

 

坂柳有栖

龍園翔

茶柱佐枝

 

この人達もまだ綾小路の実力を量っている状態ではありますが、等しく過大評価と思われるほどの絶大な評価を綾小路にしています。

 

おそらく、過大評価くらいの方が綾小路の実力を言い当てていると言えるでしょう。

 

1年生の間、綾小路を一番近くで長時間見てきたであろう堀北でさえも、勉強や正式な格闘技では綾小路に勝てると踏んでいるようです。

 

綾小路が実力を見せていなさすぎるので、仕方がないとは思いますが、勘づいている生徒の大半は「綾小路は少し優秀な平田くらいの実力を持っているのではないか?」という程度の認識のようです。

 

 

一之瀬の精神が不安定

 

11.5巻では、一之瀬が雨に打たれて塞ぎ込んでいるシーンがありました。

 

過去の過ちをバラされたり、1年生の最終試験で龍園に大敗するなど、精神的に不安定になっても仕方がないとは思いますが、少し無理をしているように感じました。

 

1年生を通して、Bクラスのクラスポイントが減り、DクラスとCクラスに差を縮められていて、2年生が終わる頃にはDクラスになっているのではないか、と不安を抱いているようです。

 

一之瀬は優しすぎる性格のため、クラスでの失敗をすべてリーダーである自分のせいにしてしまって抱え込む傾向にあるので、今後はその辺をクラス全員で分け合えるようになって克服してほしいとは個人的には思いますね。

 

 

堀北がロングからショートに!

 

これは正直驚いたというか、こんなに早く来るとは思っていませんでしたが、過去にあげた下の考察記事に書いたことが当たっていてビックリしています。

 

 

www.shinyawblog.com

 

 

堀北の兄である堀北学が学校をあとにする時に兄が好きだと言ったから伸ばしていた長い黒髪をバッサリと切って、黒髪ショート姿で登場しました。

 

この行動は兄の背中を追うのをやめた証であり、自力でそこの域まで辿り着いたので、堀北の今後の成長が楽しみですね。

 

 

松下が隠れた実力者だった

 

綾小路と似たような感じで松下もどうやら自分の実力を隠していたようです。

 

松下の実力のレベルは、ざっと見て啓成以上櫛田以下くらいのものだと思います。

ほかのクラスで言うと、椎名ひよりくらいの実力が1番近いような感じがしました。

 

かなりの観察力を持っていて、綾小路の実力に勘づいたのは素直に評価できる点だと思います。

 

推理力もなかなかのもので、ところどころ間違ってはいるものの的確に鋭いところをついていました。

 

綾小路に対してカマをかけるなど、心理戦にも多少長けているようで、学力も秀才と自称する程度にはあるようです。

 

「それだけ実力があるならなんでDクラスにいるの?」と多少の疑問は残りますが、松下はCクラスの上位にいられる程度の実力はあるかと思います。

 

松下は綾小路と同じであまり表に立とうとはしませんが、この段階で松下に秘めた実力があるということにしたのにはなにか理由があるはずなので、今後はクラスの新戦力として活躍するのかもしれませんね。

 

 

 綾小路とうとう付き合う

 

11.5巻の最後にとうとう綾小路が付き合うことになりました。

 

相手は軽井沢恵です。

 

これでハーピーエンドかと思いきや、綾小路はこの付き合いが軽井沢を誰かに寄生している状態から好転させるひとつの手段として考えているようです。

 

綾小路には残念ながら恋愛感情のようなものはなく、ただの好奇心というか、恋愛がどんなものなのかを知るための材料として軽井沢を使っているに過ぎないようです。

 

意思としては、軽井沢のことを本当に好きになっていきたいと思っているようですが、心の底で「それは無理だろう」と未来を察しているようでした。

 

今後、綾小路の恋愛事情がどうなっていくのかは分かりませんが、なんだかドロドロな展開になってしまいそうな感じはしますね。

 

 

感想とまとめ

 

本当に今回の11.5巻は1年生編の最後ということもあり、多くの変化がある巻でした。

 

堀北学との別れやこの1年間を経ての生徒たち各々の変化と成長、そしてこれから先の2年生編の雲行きを怪しくさせるようないくつもの発言と行動。

 

これまでの1年間を思い返させてくれる振り返りとこれから先の展開を期待させてくれるストーリーで、1年生編の締めとしては最高の一冊であることは間違いないでしょう。

 

綾小路清隆とそれを取り巻く周囲の高度育成高等学校に通う生徒たちのこれからに注目ですね。

 

 

全世界270万軒の宿泊施設からプランを一括比較【ホテルズコンバインド】

キンドルの電子書籍出版代行なら「パブフル」

国内最大級の取り揃え!【ひかりTVブック】