シンヤブログ

アニメに救われて本の虫になった男が綴るブログ

MENU

漫画でも、小説でも、ビジネス書でも、本にあまり詳しくないのなら長年読まれているベストセラーを読め!

《この記事は以下の人向けです》

  ‣本にあまり詳しくない人

  ‣新しいジャンルの本を読もうとしている人

       ‣これから本を読むようにしようと考えている人

 

f:id:shinyaw:20190927184705j:plain

 

 どうもー、シンヤです。

 

今回のこの記事では、『本にあまり詳しくないのなら長年読まれているベストセラーを読め』ということについて書いていきます。

 

本にあまり詳しくない人が本を読もうとするときに、どの本を読もうかと悩みますよね?

 

普段から本を読んでいる人でも新しいジャンルの本に手を出そうとしたときには同じようにどの本を読めばいいのか分からなくなります。

 

本を選ぶその過程を楽しめる人ならいいのですが、さっさと選んでしまいたいという人にはとにかくベストセラーの本を読むことをオススメします。

 

 

ベストセラーとはどんな本なのか

f:id:shinyaw:20190927193535j:plain

 

 そもそもベストセラーと呼ばれる本というのは、単純にある一定期間の間に最も売れた本のことを言います。

 

漫画ではベストセラーという言葉はあまり聞かない気もしますが、とにかく売れている本がベストセラーです。

 

誰が言ったのかは少しわからないのですが、以下のような言葉があります。

 
ベストセラーとは普段本など読まない人たちに売れている本のことだ

 

ベストセラーと呼ばれる本は確かに売れています。

 

ですが、そもそも読書離れが進んでいてあまり本を読む人がいない現在で数十万部、数百万部、数千万部と売れているというのは普段本を読まない人達も買っているからです。

 

令和の時代になった時にも令和という言葉は万葉集からとった言葉なので、万葉集が異常に売れました。

 

ですが、ベストセラー本というのはあくまでも買われているだけです。

 

買った人がその本を読んでいるかは分かりません。

 

途中で読むのを挫折していたり、全く本を開くこともなく終わってしまう人が世の中には沢山います。

 

帯には「売り上げ総数100万部突破!」と書かれていても実際に最後まで読まれているのは30万部くらいだったりもするのです。

 

 

ベストセラーになる本が売れている理由

f:id:shinyaw:20190927185156j:plain

 

将来的にベストセラーになる本が売れる理由は簡単に言えば、人が周囲に流されるからでしょうね。

 

上でも書いたように、令和という年号が発表された時には引用元の万葉集が異常に売れました。

 

ですが、古典なんて普段から本を読んでいない人が最後まで読むには難易度が高いので、最後まで読んだという人はほとんどいないでしょう。

 

記念だからとか、みんな読んでいるから、評価が高いから、といった外的要因によって多くの人は本を買っています。

 

 売れている本というのは、内容よりも表紙がカッコよかったり、宣伝がうまかったり、題名がひかれるものだったり、といった中身以外のところが優れていたりするものです。

 

もちろん、内容がとても優れていて売れている本も数多ありますが、どれだけ内容が優れていても宣伝が下手ではなかなか読んでもらえないのが現実です。

 

そういう作品が隠れた名著というのになっていきます。

 

 

長年売れている=面白い・役立つ

f:id:shinyaw:20190927193818j:plain

 

ベストセラーの中にも一時しか売れていない作品長年売れ続けている作品があります。

 

前者は先程述べたように、内容よりも表紙がカッコよかったり、宣伝がうまかったり、題名がひかれるものだったり、する本の典型です。

 

発売した当時は宣伝などにより、一時は売れていても数年、数十年単位で見れば、中身が特にすごく優れているということもないので、次第に売れなくなっていきます。

 

ですが、後者は数年、数十年と何年経っても内容自体が優れているので、その内容が通じなくなる時代になるまで、長年読まれていくことになります。

 

後者こそ真に名著と呼ばれる本になっていくのです。

 

 

詳しくないなら有名なベストセラーを読めばいい

f:id:shinyaw:20190927193714j:plain

 

僕がこの記事で本に詳しくない人が読むべきだと言っているベストセラーは上で述べた後者の方。

 

内容が優れているが故に、長年多くの人に読まれている本です。

 

その理由は簡単で、多くの人に長年読まれ続けられるような本なら、内容的に優れていますし、あなたがそれを読んで気に入る可能性も単純に高いからです。

 

本を読もうとして初めて手に取る本や新しいジャンルに挑戦してみようと思って手に取る初めの一冊というのはとても大切なものです。

 

その本によってそれから読んでいけるかどうかが決まります。

 

ときどき、初めから格好をつけたいのか知りませんが、なかなか有名ではない通な人が読むような本を選ぶ人がいますが、それをしてしまうと途中で読めなくなったり、面白いと思えなくて挫折してしまう可能性が非常に高いです。

 

なので、初めは面白いと思える可能性の高い、長年読まれているベストセラーの本を選びましょう。

 

一応、個人的にオススメの本は以下の記事にまとめてあるので、よければ参考にしてみてください。

 

www.shinyawblog.com

 

 

全世界270万軒の宿泊施設からプランを一括比較【ホテルズコンバインド】

キンドルの電子書籍出版代行なら「パブフル」

国内最大級の取り揃え!【ひかりTVブック】