シンヤブログ

アニメに救われて本の虫になった男が綴るブログ

MENU

収入には実は2種類ある。労働収入と資産収入の違い

《この記事は以下の人向けです》

  ‣お金の基礎を知りたい人

  ‣生き方を変えたい人

 

f:id:shinyaw:20191001133057j:plain

 

どうもー、シンヤです。

 

今回のこの記事では、『収入には実は2種類ある。労働収入と資産収入の違い』について書いていきます。

 

あなたは収入には2種類あることを知っていますか?

 

お金の基本として収入にこの2種類があることを知らないと、的はずれな無駄な努力をしてしまう可能性が高いので、知らないという人はしっかりと頭に入れて置いてください。

 

あなたの人生がより良いものになれば嬉しく思います。

 

 

労働収入とは

f:id:shinyaw:20191001132724j:plain

 

『労働収入』というのは、働くことによって入ってくる収入のことです。

 

「そんなの当たり前じゃね?」と思った人もいるでしょうが、あとからその意味は分かるのでいったんその疑問は置いて、読み進めてください。

 

『労働収入』の仕事の例を挙げると、サラリーマン・医者・公務員など無数にあるのですが、簡単に言うと時給や成果労働型の仕事のことです。

 

ひと月に1度など、一定期間に働いた時間や成果に見合ったお金を企業から給料という形でもらう仕事はすべて労働収入型の仕事に当たり、世の中の大半の職は労働収入型の仕事です。

 

当たり前だと思うかもしれませんが、『労働収入』の場合は働いていなければ、お金は貰えません。

 

資産収入とは

f:id:shinyaw:20191001132750j:plain

 

『資産収入』というのは労働収入型の仕事とは違い、時給性や成果性の仕事ではなく、自分の作ったものが資産となって、自分が働いていない時にもお金が懐に入ってくるような収入のことを言います。

 

例を挙げると、不動産だったり、株だったりの投資系のものがこれに当たりますが、YouTubeやブログ・note・書籍の出版などの仕事も資産収入型の仕事になります。

 

株や不動産は常に値動きが生じているので、自分が寝ている間にもお金が動いています。

 

YouTubeやブログの場合は動画や記事を書いていけば、ネット上に制作した動画や記事が溜まっていき、自分が寝ている間でも閲覧されて広告が表示されたり、クリックされることによってお金が懐にはいることになります。

 

noteや書籍の場合は買ってもらえれば、印税などの形でその利益がお金として入ってきます。

 

働かずに休んでいても、自動的に懐に入ってくる収入が『資産収入』というものなのです。

 

資産収入は得るのが難しい

f:id:shinyaw:20191001005006j:plain

 

ここまで『労働収入』と『資産収入』の違いについて書いてきましたが、ここまで読んだ人の多くは『資産収入』が欲しいと思ったはずです。

 

まあ、働かなくてもお金が入ってくるんですからそっちの方がいいに決まってますよね。

 

その気持ちはよく理解できます。

 

ですが、『資産収入』得るのは容易ではありません。

 

『資産収入』を得られるようにするには『労働収入』を得る時とは違った努力を相当する必要があります。

 

ブログやYouTubeなら毎日投稿を半年は最低でもやらないとまともな結果なんてでませんし、投資をするにも勉強せずに勝てるほど甘い世界ではありません。

無知な初心者がやれば間違いなく負けます。

 

noteだって作ればすぐに売れる訳ではありませんし、書籍の出版はもっとハードルが高いと言えます。

 

基本的にどの方法を選んだとしても数ヶ月数年単位での努力が必要で、初めの方なんて全く収入が入ってこないタダ働きです。

 

それでも努力を継続した人だけが得られるのが『資産収入』というものなのです。

 

何度も書きますが、『資産収入』を得るのは容易ではありません。

 

ですが、得ることができればあなたの生活が楽になるのは間違いありません。

 

社会人の人なら副業として始めてみたり、学生の人なら時間は有り余っていると思うので将来の為だと思って『資産収入』を得られるように努力してみてはいかがでしょうか?

 

今回のこの記事はここまでです。

ここまで読んで頂きありがとうございます。