シンヤブログ

アニメに救われて本の虫になった男が綴るブログ

MENU

【高校生・大学生必見】学生時代にやるべきことはお金を稼ぐ仕組み、事業を作ること(アルバイトは違う)

《この記事は以下の人向けです》

  ‣学生の人

  ‣ビジネスなどに興味がある人

 

f:id:shinyaw:20191001003910j:plain

 

どうもー、シンヤです。

 

今回のこの記事では、『学生時代にするべきなのはお金を稼ぐ仕組みを作ること』について書いていきます。

 

学生時代にアルバイトをメチャクチャして月に10万円以上も稼ぐ人がいますが、アルバイトは基本的に時間の無駄です。

 

時間をたくさん取ることができる学生のうちにこそ後に何も残らないアルバイトではなく、お金を稼ぐ仕組みを作る、つまりは自分の事業を作り上げることです。

 

 

お金を稼ぐ仕組みとは

f:id:shinyaw:20191001004442j:plain


ここで言う『お金を稼ぐ仕組み』とは、自分の力だけで収入を得ることが出来る仕組み、つまり事業のことを言います。

 

多くの人は企業という組織に属して、企業側からお給料という形でお金を貰って生きています。

 

しかし、これは確かに稼いではいますが、自分の事業ではないですよね。

 

収入のすべてを企業に依存してしまっているので、企業が倒産したりしてなくなることになればあなたは路頭に迷うことになってしまいます。

 

なので、事業を作っている人の元で働くのではなく、自らが商品を作って事業を作る側の人間になりましょう。

 

とは言っても、社会人ならまだしも高校生や大学生の人に起業しろというのはなかなか難易度が高いと思います。

 

なので、まずは自分一人で出来て、低予算から始められるものから挑戦していきましょう。

 

比較的ノーリスクで自分一人だけでも始めることができる事業の例を挙げると、YouTube・ブログ・プログラミング・note・Kindleなどがあります。

 

これらは初期費用がほとんどかかりませんし、学生の身でも問題なく始めることが出来ます。

 

社会人の人もこれらはノーリスクで比較的始めやすいものなので、副業として始める人も多いです。

 

学生時代からお金を稼ぐ仕組みを作る必要性

f:id:shinyaw:20191001004235j:plain

 

「なぜ学生時代からお金を稼ぐ仕組みを作る必要があるのか?」ということですが、単純に社会人になった時に楽になるからです。

 

例えば、学生のうちにブログを頑張って書いて、ブログで稼げるようになれば、その実績は就職する時には大きなアピールポイントになります。

 

資格を沢山持っているなんの実績を残していない人と資格は持っていないけれど確かな実績を残している人なら評価されるのは間違いなく後者の人間です。

 

学生時代に自分で事業を作りあげて、お金を稼いだ経験があるというのは社会的に見ても大きな価値があります。

 

そして、さらに就職した時には初めの方は20万円程度かそれ以下の安月給が普通ですが、副業として学生時代から築いてきたものがあれば、そこからの収入も得ることができるので、社会人になったときのあなたの生活自体がかなり楽になります。

 

自分で作った事業が本業にできる程度に大きくすることができたら、そもそも就職せずに独立することも可能です。

 

先ほど例として挙げた、YouTubeやブログやnoteなんかはあなたの資産になり、社会人になった後でも問題なく、稼ぎ続けることができます。

 

アルバイトではいけない理由

f:id:shinyaw:20191001004745j:plain

 

「なぜアルバイトではいけないのか」ということですが、結論を先に書くと、アルバイトは労働収入であって、資産収入ではないのでよくありません。

 

労働収入と資産収入を知らない人は以下の記事を参考にしてみてください。

 ↓↓↓↓↓↓

www.shinyawblog.com

 

では、資産収入と労働収入について理解してもらったところでなぜ労働収入であるアルバイトではよくないのかを話していきます。

 

学生時代に死ぬほどアルバイトをして、アルバイトでひと月に10万円以上も稼いでいる人がよくいますが、正直アルバイトのほとんどはやっても意味がありません。

 

いくらアルバイトで稼いでいても、社会人になってからもアルバイトを続けていくわけではないですよね。

 

社会人になってアルバイトをやめれば、その瞬間にアルバイトからの収入が0になります。

 

学生時代にアルバイトをしまくった末に残るのは、学生時代に遊びで使ったお金を差し引いた僅かな貯金くらいのものです。

 

アルバイトは社会人になった後のあなたには何も残してくれません。

 

アルバイトは経験を積むことが出来るという人がいますが、アルバイトで学ぶことが出来るスキルなんて本当にあると思いますか?

 

アルバイトは基本的にその企業のマニュアルに沿ったことしかやりません。

マニュアル通りの行動がいくら優れていてもそのスキルはそのアルバイト先では価値があるだけであって、社会的にはまるで価値がありません。

 

プログラムを書いていたりして稼いでいるのなら自分のスキルを磨いて、他のことにも応用することが出来るのでその経験は有益なものになりますが、飲食店などで接客スキルなんて磨いても企業ごとにやり方が違いますし、基本的にいつも同じことを繰り返しやっているだけなので、その仕事を辞めてしまえばその経験はほとんど無益に近いです。

 

学生時代に遊ぶ金が今すぐに欲しいからアルバイトをしているというのなら、別に否定はしませんが、特に目的もなくアルバイトをしているというのなら今すぐにやめた方がいいです。

 

仕組みを作るのは難しいがやった方がいい

f:id:shinyaw:20191001005006j:plain

 

ここまで読んだ人なら学生時代からお金を稼ぐ仕組み、自分の事業を作るのは大事だということは理解してもらえたかと思います。

 

ですが、自分の事業を作り上げるのはそんなに簡単なことではありません。

何をするにしてもそれなりの努力をする必要があります。

 

ブログやYouTubeなら毎日投稿を半年は最低でもやらないと結果なんてでませんし、noteやkindleだって作ればすぐに売れるという訳ではありません。

 

基本的にどの方法を選んだとしても数ヶ月~数年単位での努力を継続することが必要で、初めの方なんて全く収入が入ってこないタダ働きになるのが当たり前です。

その過酷さゆえに大半の人が途中で続けることができなくなって挫折していきます。

 

ですが、もし努力を続けて結果を出すことができたのならその効果は絶大です。

もし、途中で挫折してしまうことになったとしてもそれまでに学んできたノウハウなどは必ず将来のあなたの助けになります。

 

社会人だと仕事があったりしてなかなか時間を確保するのは難しいですが、高校生や大学生などの学生のうちなら自由な時間を容易に確保することができます。

 

なので、自分の事業を作るという行動は社会人になってからではなく、高校生や大学生のうちから始めておくべきなのです。

 

今回のこの記事はここまでになります。

 

この記事があなたの助けに少しでもなれたのならうれしく思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。