シンヤブログ

アニメに救われて本の虫になった男が綴るブログ

MENU

【空の青さを知る人よ】映画の公開日に見に行ったので概要・あらすじ・感想と評価のまとめ

《この記事は以下の人向けです》

  ‣『空の青さを知る人よ』が気になっている人

  ‣『空の青さを知る人よ』を見に行くか迷っている人

 

小説 空の青さを知る人よ (角川文庫)

 

どうもー、シンヤです!

 

今回のこの記事では、『【空の青さを知る人よ】の概要・あらすじ・感想のまとめ』を書いていきます。

 

公開日に見に行くことができたので、これから見ようか迷っている人や見に行くつもりの人のために個人的な感想や映画の主な概要・あらすじなどをまとめました。

 

まだ見ていないという人は楽しみを増幅させるために、もう見たという人は思い出して余韻を楽しむために、見に行くか迷っている人はこれを見て行くか決める参考にしてみてください。

 

 

概要

 

【空の青さを知る人よ】は2019年10月11日(金)に公開された劇場版アニメ映画です。

 

【あの日見た名前を僕達はまだ知らない】・【心が叫びたがってるんだ】を作り上げたクリエイターチーム『超平和バスターズ』が再集結し、監督・長井 龍雪、脚本家・岡田 麻里、キャラクターデザイン&総作画監督・田中 将賀の3人が手を組んだCloverWorks制作の最新オリジナルアニメ映画作品となります。

 

主要キャラクターの4人の声優は吉沢 亮・吉岡 里帆・若山 詩音が担当しています。

 

主題歌はあいみょんさんが歌っていて、題名と同じの『空の青さを知る人よ』という曲になります。

 

あらすじ

www.youtube.com

山に囲まれた町に住む、17歳の高校二年生・相生あおい。

将来の進路を決める大事な時期なのに、受験勉強もせず、暇さえあれば大好きなベースを弾いて音楽漬けの毎日。

そんなあおいが心配でしょうがない姉・あかね。

二人は、13年前に事故で両親を失った。

当時高校三年生だったあかねは恋人との上京を断念して、地元で就職。

それ以来、あおいの親代わりになり、二人きりで暮らしてきたのだ。

あおいは自分を育てるために、恋愛もせず色んなことをあきらめて生きてきた姉に、負い目を感じていた。

姉の人生から自由を奪ってしまったと…。

そんなある日。町で開催される音楽祭のゲストに、大物歌手・新渡戸団吉が決定。

そのバックミュージシャンとして金室慎之介の名があがる。

あかねのかつての恋人であり、高校卒業後、東京に出て行ったきり音信不通になっていた慎之介が町に帰ってくる…。

時を同じくして、あおいの前に、突然“彼”が現れた。

“彼”は、しんの。まだあかねと別れる前の、高校時代の姿のままで、13年前の過去から時間を超えてやって来た18歳の金室慎之介。

思わぬ再会をきっかけに、次第に、しんのに恋心を抱いていくあおい。

一方、13年ぶりに再会を果たすあかねと慎之介。

せつなくてふしぎな四角関係…過去と現在をつなぐ、「二度目の初恋」が始まる。

 

 

出典: 作品紹介|映画『空の青さを知る人よ』公式サイト

 

感想と評価

 

ここからはネタバレをできるだけ避けて書きますが、多少のネタバレを含んでしまうのでネタバレが嫌だという人は見ないようにしてください。

 

正直な感想としては、確かにうるっとくるシーンはいくつもあったのですが、前作と前々作の【あの日見た名前を僕達はまだ知らない】と【心が叫びたがってるんだ】ほどは感動することが出来ませんでした。

 

まあ、僕が普通の人よりもドライであまり映画を見て泣くタイプの人間ではないということや前の2作が神作すぎるというのもおそらくあるのでしょうが、感動という部分では前の2作ほどではないな、と感じました。

 

主人公の葵は初めは見た目からしてクール系の子なのかと思っていましたが、映画を見ていくうちに「意外と素直だけど、不器用でお姉ちゃんも思いの優しい妹なんだな」と思いましたね。

 

自分のしんのへの想いと姉の慎之介への想いを天秤にかけて葛藤するところにはグッときました。

 

個人的に1番好きだったシーンは、過去の高校生の頃のしんのが現在の31歳の慎之介に喝を入れるシーンですね。

 

過去の将来の自分に期待していた頃の自分に現在の自分がどう映るのかを見ている側にも問いかけてくるような内容でとても素晴らしかったです。

 

あのシーンは自分自身と重ねて見ない人なんていないんじゃないですかね。

 

「諦めずにまた頑張ってみようかな」と思わせてくれる素晴らしい映画であることは間違いないです!

 

終わり方もEDでCASTの方達などの名前とともに物語の後日談が写真で流れていたり、題名の【空の青さを知る人よ】の意味もよく分かる後味がスッキリとするストーリーだったのも個人的にはよかったです。

 

主題歌のあいみょんさんの歌声は相変わらず最高でした(笑)

 

この映画は楽器がよく出てきて、特に主人公の弾くベース独特の低音が映画館だと体に響いてくるので、是非とも映画館で見て欲しい映画ですね。