シンヤブログ

アニメに救われて本の虫になった男が綴るブログ

MENU

アニメMADや同人誌は著作権法違反じゃないの?二次創作物が著作権に引っかからない理由

《この記事は以下の人向けです》

  ‣著作権について知りたい人

  ‣二次創作物を作ろうとしている人

  ‣二次創作物を作っている人

 

f:id:shinyaw:20191016153737j:plain

 

どうもー、シンヤです!

 

今回のこの記事では、『アニメMADや同人誌などの二次創作物はなぜ著作権違反に引っかからないのか?』について書いていきます。

 

 YouTubeのMAD動画やアニメの同人誌などのいわゆる二次創作を見たときに「これって著作権に引っかからないの?」と思ったことはありませんか?

 

この記事では、著作権とはそもそも何なのかを分かりやすくまとめて、アニメなどの二次創作物が著作権に引っかかるのかどうかを書いていきます。

 

二次創作物の制作には必須の知識だと思うので、二次創作物を制作している人や二次創作物に興味がある人はこの記事のことを頭に入れておいて損はないと思います。

 

 

そもそも著作権とは

f:id:shinyaw:20191016181104j:plain

 

以下はWikipediaに載っている著作権についての文章です。

 

著作権(ちょさくけん、英語: copyright、コピーライト)は、知的財産権知的所有権)の一種であり、美術、音楽、文芸、学術など作者の思想や感情が表現された著作物を対象とした権利である。

 

このうち著作者の権利は、財産的権利(著作物を活用して収益や名声などを得ることができる著作財産権)と、人格的権利(著作物の内容と著作者を紐づけることで、著作者の人間性を正確に表現する著作者人格権)に分類され、とりわけ著作財産権は狭義の著作権と同義とされる。

 

また、著作物を伝達する者(実演家、レコード製作者、放送事業者など)に付与される権利(著作隣接権)も最広義の著作権の概念に含まれる。


知的財産権には著作権のほか、特許権や商標権などの産業財産権があるが、保護の対象や権利の強さに違いがある。

 

産業財産権は産業の発達を目的とする技術的思想(アイデア)を保護の対象とし、権利者に強い独占性を与える性質のため、所管官庁による厳しい審査を経て登録されなければ権利が発生しない。

 

一方の著作権は、創造的な文化の発展を目的とする表現を保護の対象としていることから、産業財産権と比べて独占性は低く、日本を含む多くの国・地域では登録しなくても創作した時点で権利が発生する。


著作物の定義・範囲、著作物の保護期間、著作物の管理手続や著作侵害の罰則規定などは、時代や国・地域によって異なるものの、国際条約を通じて著作権の基本的な考え方は共通化する方向にある。

 

しかし、著作物のデジタル化やインターネットの社会普及に伴い、著作権侵害フェアユース (無断利用が著作権侵害に当たらないケース) を巡る事案が複雑化している時代趨勢もある。

 

出典: 出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』


難しい言葉でいろいろ書かれていますが、著作権というのは誰かが曲やアニメ・小説など、何かを制作した際に生じるもののことで、複製したりして他人が勝手に利用できないようにするための権利のことです。

 

 一般的にはその創造物・制作物によって発生する収入を守るためにある権利ですね。

 

 例を挙げると、漫画を出版したけれどネット上でその漫画を赤の他人が無断転載した場合が分かりやすいかと思います。

 

この場合は、その無断転載された漫画の方を読むことによって、その漫画をお金を出して買おうとする人が減ることになるので、その漫画によって発生するはずだった収益が妨害されているのと同じです。

 

なので、この場合は漫画を描いた原作者は自分が描いた漫画の著作権を持っており、ネット上に無断転載した人を法的に訴えて、裁判で勝てば罰することができます。

 

二次創作物は著作権法に違反していないのか

f:id:shinyaw:20191016155052j:plain

 

結論を先に言うと、違反しています。

 

はい、そうです。

衝撃かもしれませんが、二次創作物というのは実は違法なんですね。

 

まあ、ここでほぼ間違いなく1つの疑問が出てくるかと思います。

 

世の中にはアニメや漫画やゲームなどの二次創作物が溢れています。

 

YouTubeなどの動画投稿サイトにはアニメのMAD動画があがっていますし、ショップなどでは同人誌などが売られています。

 

同人誌に限っては同人誌即売会(通称:コミックマーケット)が毎年2回も開催されています。

 

二次創作物が著作権法に違反するというのなら、なぜこれらは罰せられることなく、この世にあるのかということは疑問に思いますよね。

 

そのことについては以下で説明していきます。

 

なぜ、二次創作物は存在しているのか

f:id:shinyaw:20191016155110j:plain

 

著作権法に触れているはずの二次創作物がなぜ世の中にこんなにも溢れているのか?」ということですが、あれらはただ単に見逃されているだけなのです。

 

著作権というのはその物を作った人や会社が持つものですが、著作権を持っている人や会社が訴えさえしなければ罪にはなりません。

 

なので、無許可の二次創作物というのは実はかなり黒寄りのグレーゾーン、犯罪の一歩手前なのです。

 

もし、著作権の所有者が訴えてきてしまえば、二次創作物を作った側はほぼ間違いなく負けます。

 

もちろん、作った二次創作物は消されてしまうでしょうし、賠償金として多額のお金も取られることになるでしょう。

 

実は二次創作というのにはそれだけのリスクがあるのです。

 

まあ、多くの場合は削除や警告で終わる程度で済むとは思いますけどね。

 

実際にKADOKAWAから警告メールが届いたり、YouTube側で著作権を侵害してると判断されて、MADなどの動画を削除されている人は大勢います。

 

とにかく、二次創作物にはそれだけのリスクがあるのだということは頭に入れて置いて損はないでしょう。

 

なぜ、著作権法違反を放置するのか

f:id:shinyaw:20191017105901j:plain

 

これは正直予想でしかないですが、著作権法違反を放置しているのは放置した方がなにかと都合がいいからではないかと思います。

 

放置してTwitterなどのSNSで拡散されれば、本家の宣伝になりますし、それによって著作権を持っている人や会社も結果的に売り上げも上がっているのではないでしょうか。

 

あと他に考えられる理由としては、違法者が多すぎて訴えてもキリがないと思っているとかですかね。

 

裁判は多くのお金と時間がかかるので大変です。