シンヤブログ

アニメに救われて本の虫になった男が綴るブログ

MENU

一人旅ってどんな感じなの?僕が実際に下呂の一人旅でしていた一人旅のリアル

《この記事は以下の人向けです》

  ‣一人旅に行きたい人

  ‣一人旅でどんなことをするのか知りたい人

 

f:id:shinyaw:20191110174616j:plain


どうもー、シンヤです!

 

今回のこの記事では、『一人旅ってどんな感じなの?僕が実際に下呂の一人旅でしていた一人旅のリアル』について書いていきます。

 

この前、実際に一人旅に行ってきました。

 

場所は日本三名泉の1つである下呂温泉

 

温泉に入ってリラックスされに行ってきました。

 

この記事では下呂に一人旅で行った時に僕が実際にしていたことをまとめたので、これから一人旅に行こうと思っている人や下呂に行きたいなんてことを思っている人は参考にしてみてください。

 

 

1日目

お昼ごろに下呂市に到着

f:id:shinyaw:20191110171958j:image

 

本当ならもう少し早く行くつもりだったのですが、見たい映画の公開日でどうしても朝一番に見たかったので、映画館で映画を朝一で見てから下呂に向かいました。

 

名古屋駅から特急が出ているので、自由席に乗って1時間半くらいで到着しました。

 

下呂駅で温泉手形を購入

 

ホテルや旅館など3か所の温泉につかることができる温泉手形というのが、下呂では1300円で購入することができます。

 

今回の旅行は基本的に温泉につかってゆったりするのが目的だったので、購入するのは初めから決めていて、下呂駅で温泉手形を購入しました。

 

この旅行は温泉メインです。

 

温泉寺を観光

f:id:shinyaw:20191110172057j:image

 

 観光場所で検索したら、大抵のサイトでこの温泉寺は載っていましたし、下呂駅からそこまで遠くなかったので行きました。

 

170段以上ある階段を上った先にあるお寺で、上の写真のように町全体が眺められてすごく景色がよかったです。

 

お賽銭をして、少し見学しましたが、雰囲気のいいお寺でよかったですね。

 

曇りだったのが唯一残念でした。

 

上の写真で手に持っているのが温泉手形です。

 

温泉手形は持って帰ることができるので、今は家で飾っています。

 

1つ目の温泉につかる

f:id:shinyaw:20191110172128j:image

 

お寺を見たあとは特に行きたいところもなかったので、早速温泉につかりに行きました。

 

時間が昼の3時くらいだったこともあり、誰もいなくて貸切状態でしたね。

 

床が畳になっていて、面白いお風呂でした。

 

途中で全身タトゥーを入れた人が入ってきて、その人と2人きりになった時は冷や汗がヤバかったです(笑)

 

30分ほどゆったり入って気持ちよかったです。

 

落ち着いてしまったので旅館に引きこもる

f:id:shinyaw:20191110172151j:image

 

温泉に入ったらなんだか落ち着いてしまったので予約していた旅館にまだ日が昇っているのに行っちゃいました。

 

1人で使うには十分な広さの和室で、日が暮れるまで引きこもってました(笑)

 

テレビでイッテQの再放送がやっていたので、それを見ながらブログ書いたりしてましたね。

 

正直、めっちゃ幸福感を感じました。

 

引きこもりはやはり引きこもっているのがしょうに合っているんですかね(笑)

 

温泉に入って、部屋に引こもるとか最高すぎて温泉街に住みたいと心から思いました。

 

日が暮れたので晩飯を食べに夜の温泉街を散策

f:id:shinyaw:20191110193916j:image

 

夜7時くらいになってお腹も空いてきたので、晩ご飯をどこかで食べようと適当に温泉街をぶらつき始めました。

 

温泉街だと旅館とかホテルでご飯を食べるのが多いからか全然飲食店が少なくて、めちゃくちゃ探しました。

 

常連が行くようなこじんまりとした居酒屋には言って飛騨牛ラーメンだけ食べてさっさと出ましたね。

 

少し気まずかったです(笑)

 

晩ご飯を食べたあとは散歩が好きということもあり、2時間くらい耳にイヤホンをつけて音楽を聞きながら適当に散歩してました。

 

温泉街の暖かい光の街灯で雰囲気が最高でしたね。

 

川沿いを歩いたりもしましたが、夜ということもありさすがに少し寒かったです。

 

夜のお寺にも行きましたが、青白い光が灯ってて雰囲気がめちゃくちゃ怖かったですね。

 

肝試しをしてるみたいでよかったです。

 

お賽銭も一応しておきました。

 

人が少ない路地とかも歩いたので、そのおかげで温泉街周辺のマッピングは今回の旅行だけで完璧になりました(笑)

 

プリンを買って旅館に帰宅

 

お土産とかを売っているところがまだ開いていたので、そこで自分用に名物のプリンを購入して、ホテルの部屋で食べました。

 

まろやかな味でとても美味しかったです。

 

そのまま就寝

 

散歩をして、旅館に帰ったあとは特にやることもなかったので、Twitterを見たり、ブログ書いたり、テレビを見たりして、次の日の朝に朝風呂につかりたかったこともあり、この日は早めに寝ました。

 

家ではベッドなので、和室の布団で寝られたのは久々でよかったです。

 

2日目

温泉に入れる時間に合わせて起床

 

温泉手形では入れる温泉に時間帯が決まっていて、朝に入ろうと思っていたホテルの温泉は早朝の1時間くらいしか入る時間がなかったので、それに合わせてスマートフォンの目覚ましをかけて起きました。

 

温泉の朝風呂とかめっちゃ贅沢です。

 

充実感がすごかったですね。

 

写真は人がいたのでさすがに撮れませんでしたが、外に釜風呂とかもあってかなりよかったです。


旅館に戻ってチェックアウト

 

朝風呂に入って体が火照ったので、自販機で飲み物を買って、川でも見ながら適当に涼んでから旅館に戻りました。

 

外に出ても特にやることがなかったので、チェックアウトギリギリまでブログ書いたり、本を読んだりして時間を潰しました。

 

11時くらいにチェックアウトして宿泊した旅館は出ました。


お土産を購入

 

最後に入ろうと思っていた温泉が入れる時間になるまで1時間ほど時間があったので、その空いた時間でお土産を購入することにしました。

 

家にいる家族用と大学で時々遊びに行っているサークルに買ってこいと言われたので、合計2つ買いました。

 

あまりお金を使いたくなかったので、540円で20個くらい一口サイズの抹茶味のチョコ大福が入っているお菓子を2つ買いました。

 

お土産代であまりお金を消費したくなかったので、1000円程度で済ませられて良かったです。


買い食いをしながら最後の温泉へ移動

 

どこかの店に入って食べるのも面倒だったので、昼飯代わりにお土産屋さんで売っていた飛騨牛まんを食べたり、名物の温玉ソフトを食べたりして、買い食いをしながら温泉のあるホテルに向かいました。


温泉を満喫して帰宅

 

最後に入った温泉は1泊2万円近くもするホテルの温泉で、この旅で入った他の2つの温泉よりも広々としていて、めちゃくちゃヌルヌルしていて効能の良さそうな温泉でした。

 

さすが高級ホテルです(笑)

 

展望風呂だったこともあり、窓から見える景色も最高でしたね。

 

お肌ツルツルで火照った体で特急電車に乗って寝ながら帰宅しました。

 

一人旅で僕がしていたことのまとめ

 

僕が下呂の一人旅でしていた以上で述べたことを簡単にまとめると以下の通りです。

 

《1日目》

お昼ごろに下呂市に到着


下呂駅で温泉手形を購入


温泉寺を観光


1つ目の温泉につかる


落ち着いてしまったので旅館に引きこもる


日が暮れたので晩飯を食べに夜の温泉街を散策


プリンを買って旅館に帰宅


そのまま就寝

 

《2日目》

温泉に入れる時間に合わせて起床

 ↓

旅館に戻ってチェックアウト

 ↓

お土産を購入

 ↓

昼食を食べながら最後の温泉へ移動

 ↓

温泉を満喫して帰宅

 

こうして書きだして改めて見ると、かなりゆったりしてますね(笑)

 

下呂は基本的に観光というよりも温泉につかってゆったりする感じの場所なので、こういう行動になってしまうのも仕方がないですし、僕自身がインドアの人間で観光とかがあまり好きではないので、個人的には今回の一人旅は結構満足しています。

 

お肌も温泉でツルツルになり、名物のものも食べられて、かなりリラックスできたので最高でした。

 

まあ、僕の一人旅はこんな感じですね。

 

次の一人旅はどこに行くかは考え中です。

いつか海外にも行ってみたいですね。

 

今回のこの記事はここまでになります。

 

この記事で書いたことが、これから一人旅に行こうと考えている人なんかの参考になれば嬉しく思います。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。