シンヤブログ

アニメに救われて本の虫になった男が綴るブログ

MENU

ワイヤレスイヤホンはかなり有用で便利。オススメ商品も紹介する

《この記事は以下の人向けです》

  ‣ワイヤレスイヤホンを使っていない人

  ‣ワイヤレスイヤホンに興味がある人

 

f:id:shinyaw:20191125195614j:plain

 

どうもー、シンヤです!

 

今回のこの記事では、『まだ使ってないの?ワイヤレスイヤホンはかなり有用で便利。オススメ商品も紹介する』について書いていきます。

 

線のないワイヤレスイヤホンは数年前に登場してから今日まで徐々に利用者が増えてはいますが、個人的にはまだまだ少ないように感じます。

 

電車とかに乗っていてもワイヤレスイヤホンイヤホンをしている人はたまにしか見かけません。

 

新しいものに手を伸ばさず、いつまでも有線イヤホンに固執して、使っている人はまだまだ多いと思いと思います。

 

この記事でワイヤレスイヤホンの有用性について書いていくので、少しでも使う人が増えてくれれば嬉しく思います。

 

 

有線イヤホンは使いずらい

f:id:shinyaw:20191125195155j:plain

 

この記事を読んでいる人の多くはまだワイヤレスイヤホンを使用していない人が多いかと思いますが、ワイヤレスイヤホンを使い始めると有線のイヤホンが使いづらいと感じるようになります。

 

何よりも有線イヤホンは線が邪魔です。

 

満員電車などの人混みだと線が人に引っかかったりしてしまって、音楽を聴いたりするのにどうしても支障があります。

 

iphone7以降だとイヤホンジャックもなくなっていて、アダプターを買わなければいけませんが、ワイヤレスイヤホンだとそのアダプターを買う手間も省けます。

 

さらに有線イヤホンの場合だと安いものを買うとよく断線してしまって聞こえなくなるようなリスクがありますが、ワイヤレスなので断線することはありません。

 

ブルートゥースがつながらなくなって、使えなくなるというリスクがワイヤレスイヤホンにはありますが、断線するリスクよりかは比較的低いと思います。

 

歩きながら音楽を聴いたり、運動するときに音楽を聴いたりするときには線がない方が絶対にいいと思うので、まだまだワイヤレスイヤホンを使用していない人には安いものでもいいのでワイヤレスイヤホンを購入することをオススメします。

 

ワイヤレスイヤホンを使うと生活がかなり変わる

f:id:shinyaw:20191125202730j:plain

 

ワイヤレスイヤホンを使うようになるとイヤホンの使い方が変わることになるので、生活がなかなか変化します。

 

まず、使うポイントが変わりますね。

 

線がないことによって、人に密着するような満員電車の中でも線を気にする必要がないので問題なくイヤホンを利用することができます。

 

ランニングやスポーツの時などにも線があると邪魔になってしまいますが、ワイヤレスイヤホンだと全く邪魔にはなりません。

 

有線イヤホンの線が邪魔で使いづらい場面でも、ワイヤレスイヤホンなら邪魔になることがないので、手軽に使うことができますね。

 

線がないのでカバンにしまった時に絡まるなんてこともありませんし、コンパクトなのでかさばらないというのもワイヤレスイヤホンのメリットのひとつだと思います。

 

現在のワイヤレスイヤホンの性能

f:id:shinyaw:20191125202851j:plain

 

使用できる時間

 

満充電で使用できる時間は、お店などでは『連続再生時間』と表記されているものですね。

 

連続再生時間が長ければ長いほど、一度の充電で長い時間使うことができます。

 

連続再生時間はモノによって個体差がかなりあるので一概には言えませんが、1時間くらいのものから10時間近く持つものまで幅広くあります。

 

やはり、連続再生時間が長いほど性能がいいということでもあるので、値段も高くなる傾向がありますね。

 

連続再生時間が短くて、高いモノも中にはあります(笑)

 

僕が現在使っているワイヤレスイヤホンは2時間くらいの連続再生時間なのですが、正直2時間もあれば十分だと思います。

 

イヤホンを使う頻度や状況によるところはあるかと思いますが、スポーツで使うにしても2時間以上イヤホンをつけて運動し続ける人なんておそらくいないでしょうし、通勤や通学で使うにしても片道2時間以上かけている人は少数派だと思います。

 

イヤホンをつけないときには充電できるケースにしまっておけば充電されてまた使えるようになるので連続再生時間は2時間ほどあれば十分ではないでしょうか?

 

充電に必要な時間

 

ワイヤレスイヤホンは有線イヤホンと違い、充電が必要になります。

 

ワイヤレスイヤホンの充電は購入時に必ずついている充電ケースの中に入れることで充電することが出来るので、イヤホンを使わない時にはケースにイヤホンを収納することになるので、使用していない時には常にケースに入れて充電するようにしましょう。

 

どれくらいの充電で何時間くらい使えるのかは使うワイヤレスイヤホンによって違うので一概に言うことはできませんが、10分間の充電で1時間使えるものや、たった5分の充電で2時間使えるものなどもあります。

 

ワイヤレスイヤホンの充電はスマートフォンの充電とは違って短時間で済ませられます。

 

有線を使い続ける人の理由として「充電が面倒だから」という人がいますが、ワイヤレスイヤホンはケースへの収納と充電が一緒に出来ますし、短時間で充電も済ますことが出来るので、そこまで手間という程のものでは無いと思います。

 

使い慣れてしまえば全く気になりませんね。

 

値段

 

値段は有線イヤホンと同じでかなり幅広いですね。

 

1000円ほどで買える安いワイヤレスイヤホンもありますし、高いモノだと数万円、数十万円する有線イヤホンがあるので、ワイヤレスイヤホンにもそれくらいするモノはあると思います。

 

2万円ほどのものを買えばかなり性能的にはいいと思いますが、聞ければいいという人は数千円程度でも十分満足できるんじゃないですかね。

 

ついでに僕が使っているワイヤレスイヤホンは1万8000円のモノです。

 

大学入学前に電車通学になるということで、思い切って少し高いワイヤレスイヤホンを購入しました。

 

もちろん、お金のない貧乏大学生ですし、僕はいいものを長く使っていくタイプの人間なので、これから数年間は大事に使っていくつもりです(笑)

 

主な機能

 

ワイヤレスイヤホンにはワイヤレスで聞ける以外にも有線イヤホンと同じように、ノイズキャンセリング・防汗・防水などの機能が付いています。

 

ワイヤレスイヤホンによってどの機能がついているかは変わってくるので、自分にあったワイヤレスイヤホンを選びましょう。

 

個人的なオススメとしては『ノイズキャンセリング』がイチオシです。

 

音楽を聴く時の没入感はこの機能がないと出すことが出来ませんし、出勤や通学で電車を使っている人なら周囲の雑音を消すことが出来るので、間違いなくこの機能が付いたイヤホンを購入することをオススメしますね。

 

オススメのワイヤレスイヤホン

 

個人的にオススメなのは以下の3つのワイヤレスイヤホンですね。

 

いいワイヤレスイヤホンがないか探している人は参考にしてみてください。

 

ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3 : 完全ワイヤレス/Bluetooth/ハイレゾ相当 最大6時間連続再生 2019年モデル ブラック WF-1000XM3 B

 

SONYのワイヤレスイヤホンです。

 

このワイヤレスイヤホンはテレビやYouTubeの広告でよく見かけるので、見かけたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

 

機能としてはノイズキャンセリング機能がついていて、最大6時間連続再生可能なバッテリーが搭載されています。

 

ヘッドホンを外さずに瞬時に周囲の音を聞ける「クイックアテンションモード」という機能も付いています。

 

色は上の画像の黒とプラチナシルバーという2種類がありますね。

 

お値段の方は2万円越えです。

 

詳しい情報は写真の方をクリックして見てみてください。

 

Apple AirPods with Wireless Charging Case (最新モデル)

Apple AirPods with Wireless Charging Case (最新モデル)

 

僕は使ったことが一度もないのですが、ワイヤレスイヤホンで一番使っている人が多いのがAppleAirPodsだと思います。

 

やはり、Appleの製品だと皆さん安心するんですかね。

 

正直、防水機能があるわけではないですし、ノイズキャンセリング機能があるわけでもないのでイヤホンとしての性能的には微妙ですが、iphoneを使っていると「Hey Siri」と声をかけるだけで瞬時にSiriへアクセスする機能が使えたりするので、iphone利用者にはオススメです。

 

色は上の写真の白1色のみです。

 

お値段の方は2万円越えです。

 

詳しい情報は写真の方をクリックして見てみてください。

 

ワイヤレスイヤホン WI-C310 

ソニー SONY ワイヤレスイヤホン WI-C310 : Bluetooth対応/最大15時間連続再生/マイク付き フラットケーブル採用 2019年モデル ブラック WI-C310 BC

 

SONYのワイヤレスイヤホンです。

 

こちらは完全ワイヤレスではありませんが、完全ワイヤレスだとなくしてしまうという人にはこちらがオススメです。

 

ケーブルでつながれているので片方だけなくしてしまうなんて心配はいりませんし、このイヤホンはフラットケーブルを採用しているので、丸めて持ち運んでも絡まりにくいという特徴があります。

 

最大15時間再生が可能なロングライフバッテリーを搭載していて、充電を忘れてしまうという人でも安心です。

 

色は上の写真の黒以外にも、ブルー・ゴールド・ホワイトの計4色があります。

 

お値段の方も5000円程度なのでまだお手頃な方です。

 

詳しい情報は写真の方をクリックして見てみてください。