シンヤブログ

アニメに救われて本の虫になった男が綴るブログ

MENU

【ここは今から倫理です。】どんな漫画?概要とあらすじと感想(試し読みあり)

《この記事は以下の人向けです》

  ‣哲学や倫理が好きな人

  ‣悩みを抱えている人

  ‣自殺を考えている人

  ‣『今からここは倫理です。』に興味がある人

 

ここは今から倫理です。 1-3巻 新品セット (クーポン「BOOKSET」入力で+3%ポイント)

 

どうもー、シンヤです!

 

今回のこの記事では、『【ここは今から倫理です。】はどんな漫画?概要とあらすじと感想』について書いていきます。

 

【ここは今から倫理です。】は個人的に超オススメの漫画です。

 

悩みを抱えている人には絶対に読んだ方がいいと強く推します。

 

せめて、あらすじのところに載せてあるPVはかなりの鳥肌モノなので、それだけでも見てみてください。

 

 

概要

ここは今から倫理です。 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

【ここは今から倫理です。】は雨瀬シオリ先生作の漫画です。

 

 2016年11月号から2018年11月号まで《グランドジャンプPREMIUM》で連載していて、その後、《グランドジャンプPREMIUM》が《グランドジャンプむちゃ》にリニューアルした際に移籍し、2019年1月号(創刊号)から連載しています。

 

コミックは2017年11月から出版されていて、この記事を書いている2019年11月現在は3巻まで発売されています。

 

あらすじ


『ここは今から倫理です。』櫻井孝宏さん主演スペシャル映像

 

「倫理」とは人倫の道であり、道徳の規範となる原理。

 

学ばずとも将来、困る事はない学問。

 

しかし、この授業には人生の真実が詰まっている。

 

クールな倫理教師・高柳が生徒たちの抱える問題と独自のスタンスで向かい合う――。

 

新時代、教師物語!!

 

 

出典: ここは今から倫理です。 1/雨瀬 シオリ | 集英社コミック公式 S-MANGA

 

【ここは今から倫理です。】は倫理の教師が主人公の漫画です。

 

選択授業である倫理の授業を通して、授業を受けている生徒たちが抱えている悩みを解決していくというのが物語全体の流れです。

 

レイプや自殺、麻薬などの内容も出てきますし、他にも学校で話さない生徒や凡人でいることを嫌に感じた生徒、SNS依存症の生徒、愛着障害の生徒や生徒を愛してしまった教師、ぬいぐるみに恋をした生徒などなど、かなり幅広い内容になっています。

 

あなたの心に響く話もきっと1つはあることでしょう。

 

 

 

【ここは今から倫理です。】が連載している《グランドジャンプ》の公式サイトには以下からいけるので見てみてください。

 ↓↓↓↓↓↓

grandjump.shueisha.co.jp

 

感想

ここは今から倫理です。 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

僕はあらすじのところに載せてあるPVを見て、購入することを決め、最新刊までをまとめ買いをしたのですが、【ここは今から倫理です。】は買って正解でした。

 

もともと哲学書や哲学に関する動画を好き好んで見ていたこともあり、この本は僕の趣味にピッタリとはまりましたね。

 

『倫理』と聞くと、難しいそうだと感じる人は多いかもしれませんが、誰でも理解しやすいように分かりやすく書かれているので、これまで哲学や倫理に全く触れてこなかったという人でもとても読みやすくなっています。

 

多くの哲学者の名前とその方々が言った言葉が出てくるので、この漫画を読むだけで哲学や倫理について詳しくなることは間違いないです。

 

上のPVでも言っているように、『倫理』は普段は習わなくても全く役に立たない学問です。

 

ですが、『死』が近づいたときにこそ『倫理』は役に立ちます。

 

『死』が近づくのは年を取ってからだけではないですよね。

 

悩みを抱え、苦しみ、自殺という選択を選ぶときにも『死』は近づきます。

 

『死』は年齢や人種を問わず、全生物のすぐ近くに常にあるものです。

 

人はいつ死ぬか本当に分かりません。

 

特にイジメなどの人間関係で自殺に追い込まれてしまう若い人こそ『倫理』は学ぶべき学問です。

 

いきなり、哲学書を読めとは言いません。

 

少しだけでもそういうものに触れるきっかけとしてこの漫画、【ここは今から倫理です。】は是非とも読んでほしい1冊です。

 

いま悩みを抱えている人や悩みを抱えやすい人、人生を見つめ直したい人、自殺を考えているような人には必ず助けになる漫画です。

 

少しは心が軽くなるかもしれません。

 

作画が苦手だと思う人はいるかと思いますが、作画は苦手だったとしても読んでいくうちに慣れていくものなので、作画で避けたりせずに是非とも読んでみてください。

 

 

『哲学』や『倫理』についてよくわからないという人は以下の記事に哲学と倫理の違いについて分かりやすくまとめてあるので読んでみてください。

↓↓↓↓↓↓

www.shinyawblog.com

 

試し読み

 

1巻の試し読みは以下から見ることができるので、少しでも興味を持った人は見てみてください。

↓↓↓↓↓↓

www.s-manga.net