シンヤブログ

アニメに救われて本の虫になった男が綴るブログ

MENU

【物事を長く続けるコツ】は基準を低く持っておくこと

《この記事は以下の人向けです》

  ‣物事が長続きしない人

  ‣これから何か始める人

 

f:id:shinyaw:20191130234402j:plain

 

どうもー、シンヤです!

 

今回のこの記事では、『【物事を長く続けるコツ】は基準を低く持っておくこと』について書いていきます。

 

ダイエットや筋トレ・ブログ・勉強などなど、できれば毎日続けたいけれど、なかなか続けられないなんてことはよくあることですよね。

 

僕自身、筋トレや勉強など、続けようとして続けられなかったことは腐るほどあります。

 

ですが、僕はこのブログを半年間、書き続けて100記事をとうとう超えることが出来ましたし、趣味で書いている自作の小説も2年間くらい書いていて、出来の方はともかくとうとう完結させることも出来ました。

 

今回のこの記事では、そんな僕が思うアナタが物事を続けられない原因とそれを解決するためのコツを書いたので読んでみてください。

 

 

物事が長く続かない原因

f:id:shinyaw:20191130231648j:plain

 

必要努力量を見誤っている

 

努力が続けられない一番の原因は必要努力量を見誤っているところにあると思います。

 

例えば、ブログでは100記事書いてようやく利益が出始めるという世界観なのですが、必要努力量を見誤る人は100記事書いたら、「10万円くらい稼げるでしょ」なんてことを考えます。

 

ブログを100記事書いてそんなに利益を上げている人なんて本当に上位の人間だけですし、人によっては100記事書いても利益0なんてざらです。

 

必要努力量を見誤る人は自分の理想が高すぎるがゆえに現実とのギャップで努力を辞めてしまうのでしょう。

 

集中を妨げるものが多い

 

物事を続けるにはある程度の集中力も必要ですよね。

 

ですが、周囲には集中を妨げるものが沢山あります。

 

ダイエットだったらテレビの食べる映像はかなりの誘惑でしょうし、禁煙だったらタバコを吸っている人を見るのは吸いたくなってしまうと思うので辛いと思います。

 

自分が何かを我慢するようなことを続ける時にはなるべく誘惑になるようなものを自分の周囲に置くと、意識をそちらに持っていかれてしまい誘惑に負けて続けられなくなってしまいます。

 

決意が弱い

 

まあ、これは少し根性論にはなってしまいますが、やる気が持続さえすれば、途中でやめて続かなくなるなんてことにはならないでしょう。

 

初めにある程度「やるぞ」という決意をすると思うのですが、徹底的にやるという決意をして、自分の環境を変えたり、続ける為の努力ができる人は何をしたとしても継続することが出来ます。

 

ダイエットだったら痩せたあとどうしたいのか?

ブログだったら書いたあとどうなりたいのか?

筋トレだったらトレーニングをして筋肉マッチョになったあとどうなりたいのか?

などなど。

 

それらを継続したあとのビジョンが明確になっていて、そのビジョンに向かって本気で望める人は嫌でも継続していくと思います。

 

要するに本気度の違いですね。

 

物事を長く続ける方法

f:id:shinyaw:20191114010655j:plain

 

基準を低く持っておく

 

物事を長く続ける1番のコツは基準を低く持っておくことだと思います。

 

例えば、ブログを例にしますが、僕は大学を卒業する約4年後までブログを今のペースで更新し続けて、月5万稼ぐことが出来ればいいかなという気でブログをしています。

 

僕は今ひと月に20以上の記事は書いているので、このペースで4年もブログをやることが出来れば約700記事以上も書くことになるのですが、700記事も書いて5万円も稼げないなんてカスもいいところです。

 

ですが、それくらいの気でやると結果にそこまで期待しないというか、たとえ悪い結果が出たとしてもそこまで落ち込まなくて済みます。

 

初めに設定する基準をそこまで低くするかというくらいまで低く設定しておくと、現実とのギャップで幻滅し、やる気がなくなるということがなくなるので、結構長く続けることが出来るのでオススメです。

 

誰かに経過を公開する

 

誰かに自分がしていることを公開してしまうというのも効果的だと思います。

 

時々、Twitterなどでインフルエンサーの人達が筋トレで鍛えた体を筋トレ終わりなどに投稿していたりしますが、あれは自分が継続しやすくする為なのです。

 

他人に自分はこんなことをやってますと発信すると、少なからずそれを認識してくれる人が出てくるので「続けなければいけない」というプレッシャーになり、継続がしやすくなります。

 

僕もこのブログを更新する度にTwitterの方で公開していますし、リアルの友人からも何人かからこのブログのことについては色々言われたりしていますが、それがいいプレッシャーになっていて今でもこのブログを続けられています。

 

やっていることを公開するのは恥ずかしいかもしれませんが、思い切ってやってしまえば案外たいしたことではないので、思い切ってやってしまうのもありなのではないでしょうか。

 

習慣に組み込んでしまう

 

これは習慣化するまでに数ヶ月くらいの時間がかかるので、習慣化するまでは少し厳しいかもしれませんが、一度習慣化さえしてしまえば無理なく継続することができます。

 

例えば、一室だけ物が全然無い集中出来る部屋を作っておいて、その部屋に入ったらなになにをするみたいに自分ルールを決めておくとか、朝起きたらなになにをすると決めて行動することが出来れば、数ヵ月後には無意識で自然にそれが出来るようになります。

 

朝起きてから歯を磨いたり、顔を洗うのと同じような感覚で出来れば上出来です。

 

僕の場合は大学への通学時間の電車の中ではこのブログを書くようにしていますし、よく行っているブックカフェに毎週日曜日になったら行くようにしていて、そこで4時間ほど読書をすることを習慣化しています。

 

この文章を書いているのも通学中の電車の中です(笑)

 

まとめ

 

これで以上となりますが、とにかくなにか物事を継続する為には、誰でもいいので第三者に自分がやっていることを公開して、あらかじめそこまでの結果には期待せず、基準を低く持っておき、自分ルールを決めて習慣化してしまうことが大切だと思います。

 

嫌でもやめられなくなるような状況を作り、とことん集中出来る部屋なんかを持つことが出来ればなお良しです。

 

物事を長く続けられない人へ言いますが、何かを長く続けるというのは辛いことです。

 

長くやっていたらからと言って結果がついて来る保証なんてありませんし、どんなことでも初めの方は結果が全然出てくれないものです。

 

すぐに結果が理想通りに出てくれることなんて天才じゃないですからあるわけがありません。

 

凡人なら凡人らしく努力して、コツコツと地道に積み上げてまずは小さな結果から出していきましょう。

 

今回のこの記事はここまでになります。

読んでいただきありがとうございました。