シンヤブログ

アニメに救われて本の虫になった男が綴るブログ

MENU

【働き方改革】同一労働同一賃金で格差がなくなり、実力主義の社会になる!

《この記事は以下の人向けです》

  ‣社会人の人

  ‣同一労働同一賃金を知らない人

  ‣社会の変化を知りたい人

 

f:id:shinyaw:20191208050807j:plain

 

どうもー、シンヤです!

 

今回のこの記事では、同一労働同一賃金によって格差がなくなり、実力主義の社会になる!』について書いていきます。

 

同一労働同一賃金

 

この言葉を聞いたことはあるでしょうか?

 

同一賃金同一労働はすべての社会人の人には大きく関係してくることになるので、聞いたことがないという人や内容をよく知らないという人はここから先を読んでみてください。

 

 

同一労働同一賃金とは

f:id:shinyaw:20191208050259j:plain



同一労働同一賃金の内容

 

まず、「同一労働同一賃金って何なの?」ってことから解説していきます。

 

同一労働同一賃金について厚生労働省では以下のように言っています。

 

同一労働同一賃金の導入は、同一企業・団体におけるいわゆる正規雇用労働者(無期雇用フルタイム労働者)と非正規雇用労働者(有期雇用労働者、パートタイム労働者、派遣労働者)間にある不合理な待遇差の解消を目指すものです。

 

 

出典: 同一労働同一賃金特集ページ |厚生労働省

 

まあ、ざっくり言うと正規雇用者と非正規雇用者の格差をなくしましょう!ということですね。

 

現在は正規雇用者と非正規雇用者の間に明らかな差がありますよね。

 

例えば、正規雇用の人と同じ仕事を非正規雇用の人がしてももらえるお金は正規雇用者の方が多いですし、ボーナスがもらえるのも現在は正規雇用の人だけです。

 

同一労働同一賃金はそのような正規雇用者と非正規雇用者の格差をなくそうとするものです。

 

導入はいつ?

 

すでにこの法律は改正されることが決定しており、2020年の4月1日から導入されます。

 

同一労働同一賃金によって社会に起こること

f:id:shinyaw:20191208050049j:plain

 

先ほども言いましたが、同一労働同一賃金導が導入されることによって正規雇用と非正規雇用の格差が埋まります。

 

ボーナスの支給や仕事量によってもらえるお金が正規雇用者も非正規雇用者も変わらなくなるのです。

 

ここで問題になってくるのは「正規雇用者と非正規雇用者のどちらに合わせるのか?」というですよね。

 

正規雇用者が非正規雇用者に合わせる場合正規雇用者が正規雇用者に合わせる場合の2パターンがあります。

 

正規雇用者が正規雇用者に合わせる場合

正規雇用者にはうれしいことばかり

 

正規雇用者は現在、非正規雇用者はもらえないボーナスがもらえていて、いい方が悪くはなりますが、正規雇用者として雇用さえされていれば大して働かなくてもお金がもらえます。

 

正規雇用者に非正規雇用者に合わせる場合は、非正規雇用者にもボーナスを支払ったりすることになります。

 

正規雇用者としてはうれしいこと、この上ないですね。

 

経営者は苦しくなる

 

正規雇用者が正規雇用者に合わせる場合は非正規雇用者としてはうれしいことばかりなのですが、経営者側からすればかなりの負担になります。

 

なぜなら、上でも書いたようにこれまでおかねを少量しか払ってこなかった非正規雇用者にわたすお金が増えますし、非正規雇用者にボーナスまで渡すことになれば、多くのお金を労働者側に割くことになります。

 

これまで安価で雇うことの出来る非正規雇用者に頼り切っていたような会社は負担が大きくなりすぎてつぶれてしまうなんてことにもなるかもしれませんね。

 

正社員が解雇される流れに

 

正規雇用者が正規雇用者に合わせることになれば、正規雇用者である正社員が解雇される流れになります。

 

日本は解雇規制が厳しい国だと言われていますが、最近でもキリンやコカ・コーラなどの大手企業が利益が出ているにも関わらず、45歳以上を数万人単位でクビにしたりしていて、日本全体でみると実は現在はリーマンショックの時並みに解雇されている人がいるのです。

 

日本の解雇規制は日に日に緩くなっているのは明白ですね。

 

そして、同一労働同一賃金によってさらにこの流れが加速する可能性があります。

 

上で書いた通り、経営者側が苦しくなれば、その負担を減らすために労働者である社員を少しでも減らそうとするのは自然な流れです。

 

正社員の働かないいわゆる窓際族や管理職の中高齢者なんて経営者側からすれば、無駄金を支出しているのと変わらないので、解雇の対象になるのが当たり前です。

 

簡単に言えば、役に立ってくれる、よく働く社員は生き残ることができ、働かずにさぼっている役立たずはクビになります。

 

残酷なように見えるかもしれませんが、こんなのは当たり前のことです。

 

役立たずはお金なんてもらえません。

 

これからはどんどん実力主義の社会になっていくので、生き残りたいのなら自分のスキルを磨いて、自分の市場価値を高めましょう。

 

正規雇用者が非正規雇用者に合わせる場合

正規雇用者の給料が下がる

 

正規雇用者が非正規雇用者に合わせる場合は、当たり前のことですが、正規雇用者のもらえるお金が減りますよね。

 

昔に比べて正規雇用者のもらえる額はただでさえ減ってしまっている現在ですが、さらに減ってしまうと労働者側としてはかなりの痛手です。

 

国としては正規雇用者を非正規雇用者に合わせるのは良しとはしていないのですが、現在もブラック企業というのがあるように法律に違反する企業というのは実際にあるので、正規雇用者を非正規雇用者と同じようにして、労働者にさらなる低賃金での労働を強いる企業というのは少なからず出てくることになるでしょうね。

 

正規雇用のメリットが分からなくなる

 

同一労働同一賃金が導入されて正規雇用と非正規雇用の格差が埋まっていったり、解雇規制が緩和されていくことになると、いまいち正規雇用のメリットが分からなくなりませんか?

 

正規雇用されていると非正規雇用よりお金がもらえるわけではなくなりますし、解雇規制の緩和によって終身雇用が崩壊し、正社員=安定の図は完全に崩壊します。

 

正規雇用されていることによるメリットはなにかしらはあるとは思いますが、少なくとも安定やお金の面に関する正規雇用者のメリットが少なくなるのは間違いありません。

 

今後はいろんな職を転々と渡り歩いていくような働き方になるんでしょうかね。

 

転職市場がさらに盛り上がることになりそうです。

 

まとめ

 

ここまで書いてきたことをざっくりとまとめると、同一労働同一賃金正規雇用者と非正規雇用者の格差をなくすためのもので、2020年の4月1日から導入されます。

 

正規雇用者が非正規雇用者に合わせても、非正規雇用者が正規雇用者に合わせてもどちらになったとしても、非正規雇用者的には基本的に同一労働同一賃金の導入はうれしい変化になります。

 

経営者や正規雇用者にとっては非正規雇用者が正規雇用者に合わせる場合はうれしい変化ですが、正規雇用者が非正規雇用者に合わせる場合はかなりの痛手を被ることになりそうです。

 

まあ、どちらにしても同一労働同一賃金が導入されることによって、社会人で働く人やこれから就活をする人に大きな変化を与えることになるのは間違いありませんし、同一労働同一賃金の導入によって、昔の年功序列などではなく、個人の実力が今まで以上に重視される実力主義の社会へとなっていくことになるでしょう。

 

特に経営者の人はこれまでと同じように運営していると、場合によっては犯罪になってしまうことになるのでお気を付けください。

 

今回のこの記事は以上になります。

ここまで読んでいただきありがとうございました。