【彼女、お借りします】どんな話?概要やあらすじ感想などの情報まとめ

マンガ・アニメ・ラノベ 彼女、お借りします
この記事は約4分で読めます。
《この記事は以下の人向けです》

‣『彼女、お借りします』が気になっている人

‣『彼女、お借りします』を読んだことがない人

f:id:shinyaw:20191219200513j:plain
©宮島礼吏講談社/「彼女、お借りします」製作委員会より引用

どうもー、シンヤです!

今回のこの記事では、『【彼女、お借りします】どんな話?概要やあらすじ感想などの情報まとめ』について書いていきます。

【彼女、お借りします】は個人的に第1巻の発売から読んでいる漫画で、とうとうアニメ化も決定したので、この記事では、【彼女、お借りします】がどんな話なのか分かるように概要やあらすじなどの情報をまとめていきます。

【彼女、お借りします】がどんな内容の漫画か知らなくて、まだ読んだことがないという人は是非見てみてください。

PVなども載せてあります。

 【彼女、お借りします】の単行本1~12巻の購入は以下からAmazonに飛ぶことができるので、気になった人は購入してみてください。

↓↓↓↓↓↓

彼女、お借りします コミック 1-12巻セット

彼女、お借りします コミック 1-12巻セット

 

概要

【彼女、お借りします】は宮島礼吏先生による漫画です。

週刊少年マガジン》で2017年から連載され、同年の2017年に単行本第1巻が発売されました。

この記事を書いている2019年12月現在では、13巻まで発売されています。

略称は『かのかり』だそうです。

2020年の夏にアニメ化も決定しました。

あらすじ


恋人レンタル?『彼女、お借りします』第1巻CM「30秒ver」

 たった一度の“レンタル”で、輝き出す“リアル”がある。

都内在住のダメダメ大学生、木ノ下和也(20)。

ある日、“ワケアリ”の超絶美少女、水原千鶴との出会いをキッカケに、彼の人生は大きく変わり始めて──!?

“リアル”輝く“レンタル”ラブライフ、開幕!

出典: 『彼女、お借りします』 TVアニメ化決定!2020年7月より放送開始! TVアニメ化の発表に合わせて、遊園地での水原千鶴とのデートを描いた第1弾デートビジュアルを公開。 – 週マガ公式サイト

【彼女、お借りします】の公式サイトには以下からいけるので見てみてください。

↓↓↓↓↓↓

shonenmagazine.com

内容

 【彼女、お借りします】は題名の通りレンタル彼女のサービスを使って彼女を一時的にお金で借りる話です。

主人公の和也は20歳の大学生で、付き合っている彼女がいましたが、付き合ってひと月で他に好きな人ができたと言われてフラれてしまいます。

和也は一人になった寂しさを埋めるためにネットで見かけた彼女をレンタルできるサービスを利用します。

そこでレンタル彼女として現れたのがメインヒロインの水原千鶴です。

和也は千鶴とデートをするのですが、お金を支払う時などに虚しさにさいなまれ、何をやってるんだと自己嫌悪に陥ります。

そのやるせなさをレンタル彼女である千鶴に八つ当たりしてしまうのですが、演技ではない本性の千鶴に正論を言われてしまう。

そんなこんなで言い合いをしていると、突然和也のおばあちゃんが倒れたという電話がかかってきて、千鶴と共に病院へと向かうことになる。

和也はおばあちゃんを喜ばせてあげたいと思い、おばあちゃんにレンタル彼女の千鶴を本当の彼女だと紹介してしまい、さらには同じ病院に入院していた千鶴のおばあちゃんにも流れで和也と千鶴が恋人関係だと嘘をつくことになってしまう。

さらに和也と千鶴の2人は同じ大学に通う同級生で、住んでいるアパートもお隣同士だというまさかの事実が明らかになり、お互いのおばあちゃんを悲しませないためにレンタルという嘘の恋人関係が始まる!

試し読み

試し読みは《週刊少年マガジン》の《マガポケ》で読むことができるので、試しに読んでみてください。

↓↓↓↓↓↓

pocket.shonenmagazine.com

アニメ化決定!


TVアニメ『彼女、お借りします』ティザーPV|2020年7月放送

【彼女、お借りします】は第1巻の発売が【五等分の花嫁】と同じ時期でしたし、漫画の方ではもう終盤な感じなので、個人的には「ようやくアニメ化かぁ」と言った感じです。

個人的にはメインヒロインの千鶴の声はイメージ通りだったのですが、主人公の和也の声がイメージしていた声と全然違いましたね。

まぁ、原作を読んでいると、アニメとの差異はあるものなので、見ていくうちに違和感にも次第に慣れていくでしょう。

作画などに関してはPVを見た感じ問題なさそうだと思ったので、アニメが公開される2020年の夏が楽しみですね。

 TVアニメの公式サイトには以下から行くことができるので、まだ見ていないという人は見てみてください。

↓↓↓↓↓↓

kanokari-official.com

スポンサーリンク
シンヤブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました