1人でいることが好きな人の5つの特徴。自主的なボッチはどれかに当てはまる

情報
この記事は約4分で読めます。
《この記事は以下の人向けです》

‣ボッチな人

‣1人でいることが好きな人

f:id:shinyaw:20191222021658j:plain

どうもー、シンヤです!

今回のこの記事では、『1人でいることが好きな人の5つの特徴。自主的なボッチはどれかに当てはまる』について書いていきます。

自分自身がボッチだったこともあり、僕の周囲の人間も友達の輪が極端に狭く、1人でいることをそこまで苦に感じていない、1人が大好きなボッチたちばかりだったので、この記事では、そんな自主的ボッチたちに多いと感じた5つの特徴をまとめました。

自分が最優先で他は二の次

f:id:shinyaw:20191222021722j:plain

集団でいることが嫌いで、ひとりでいることが好きな理由として、自分のために時間を有効活用したいという人はいます。

集団で行動すると、みんなに合わせなくちゃいけないことがあり、行動が鈍くなることが時にはありますし、時には行きたくもない場所に付き合いとしていくことにもなります。

そうなると無駄に使いたくないと思っているところでお金を散在するなんてこともあるんじゃないでしょうか。

少し前にタピオカブームがありましたが、中には友達付き合いで買って飲んでいる人というのもおそらくいるでしょう。

時には1人でやった方が作業を早く終わらせることができるときもありますし、1人でいれば基本的にお金と時間を自分の好きなことに使えます。

他人に合わせて時間やお金を浪費するのではなく、自分の好きなことに時間やお金を使いたいと思う人はできるだけ1人でいたいと考えます。

なにかしらに熱中している

f:id:shinyaw:20191222021737j:plain

何か目標があってそれを達成するために日々努力している人だったり、なにかしらの趣味を持っていてそれに熱中している人は一人でいる時間を大切にしようとするので1人を好んでいる人が多いです。

まあ、単純にその熱中していることに対してできるだけ時間を使いたいと考えるので、誰かと一緒にいるとその熱中していることに時間を使えないから1人でいる方がいいっていう簡単な思考ですね。

なにかに熱中している人はその物事をやっていることに充実感を感じるので、べつに友達なんていなくても気にならないんですよね。

友達に依存気味な人は心から熱中できるような趣味や目標を見つけることをオススメします。

論理的な性格をしている

f:id:shinyaw:20191222021931j:plain

 論理的な性格というのは、簡単に言うと効率厨のことです。

上でも述べた通り、集団でいるとみんなにペースを合わせる必要があったりするので、時には1人でやったほうが早く作業を終わらせられることがありますし、自分がやりたいことを我慢して、集団の意見に合わせて行動しなければいけないなんてことはよくあります。

論理的な性格をしている人はなるべく面倒な作業は速く終わらせたいと考えますし、できるだけ効率よく計画的に進めたいと考えるので、グダグダと無駄話をして時間をかけるような集団行動を好みません。

そういう人は単純になんのメリットにもならない世間話などに花を咲かせるのがストレスに感じるんでしょうね。

論理的な性格をしている人は自分の能力が高いエリートな人に多い傾向にあります。

天才はみな孤独だとよく言われますが、論理的で賢い人は自分のやりたいと思うことに有効的に時間を使うために最も効率のいい孤独を選ぶんでしょうね。

過去に1人でいる期間が長かった

f:id:shinyaw:20191222021955j:plain

過去になんらかの理由で1人でいるのが長かったという人は1人でいることを好む傾向があります。

長い期間1人でいると、人は次第に慣れる生き物ですから1人でいることにあまり抵抗を感じなくなるといいますか、それが当たり前になってきます。

友達がいる人がいつも通り友達といることを当たり前だと思って何も感じないように、いつも1人でいる人は1人でいることに対して何も感じないようになります。

むしろ、そういう人は誰かと一緒にいるのが非日常なので、そんな非日常が続けば精神的に疲れてしまいます。

1人でいることが過去に長かった人は1人でいる方が落ち着くのです。

自己肯定感が高い

f:id:shinyaw:20191222022033j:plain

 1人が好きな人は自分を肯定する自己肯定感が高いことが多いです。

自己肯定感が低い人と言うと、他人や物に対して依存的だったり、すぐに落ち込むような鬱になりやすい人のことですが、その逆の自己肯定感が高い人というのは自分は自分、他人は他人だということをしっかりと理解しているので、自分の能力や考えや価値観を他人と比較したりしません。

なので、周囲からは孤独に見えるような状況でも落ち込んだりしませんし、自分で自分のことを認めて、肯定することができるので他人にけなされてもいちいち落ち込んだりもしません。

自己肯定感が高いというのは、よく言えば「自分で自分自身を認められて、肯定できる人」ですが、悪く言うと「他人の言うことを聞かずに自分の考えでひたすら突き進んでいく人」です。

自分にストイックな人やナルシストな人は自己肯定感が高い確率は高いですね。

自己肯定感が高い人は自分の中に確固たる自分があり、自分は立派な人間だと認められているので、1人になったからといってもそんなことくらいではいちいち気にしたりしないのでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました