シンヤブログ

アニメに救われて本の虫になった男が綴るブログ

MENU

【鬼滅の刃】蟲柱・胡蝶しのぶの悲惨な過去

《この記事は以下の人向けです》

  ‣『鬼滅の刃』が好きな人

  ‣胡蝶しのぶの過去を知りたい人

 

f:id:shinyaw:20200113030516j:plain

『©吾峠呼世晴集英社アニプレックスufotable』より引用

 

どうもー、シンヤです!

 

今回のこの記事では、『【鬼滅の刃】蟲柱・胡蝶しのぶの悲惨な過去』について書いていきます。

 

鬼滅の刃】の鬼殺隊に入隊している人たちの中にはなんらかの壮絶な過去を送ってきている人が多くいます。

 

この記事では、鬼殺隊のトップである柱。

 

9人の柱たちの中の蟲柱・胡蝶しのぶの過去についてまとめていきたいと思います。

 

胡蝶しのぶがどうして鬼殺隊に入隊したのかということから過去になにがあったのか、カナヲやカナエというキャラクターとの関係性などまでまとめていくので、既に原作の漫画を読んで知っているという人も復習のために読んでみてください。

 

 

 

 

 

鬼殺隊に入隊した理由

 

昔、胡蝶しのぶは姉である胡蝶カナエと父と母の4人家族で暮らしていました。

 

平和に暮らしていたある日、鬼によって両親が殺されてしまいます

 

姉妹である胡蝶しのぶと胡蝶カナエももちろん両親と同じように鬼から狙われるのですが、それを間一髪で助けたのが、現岩柱である悲鳴嶼行冥です。

 

f:id:shinyaw:20200102012459j:plain

『©吾峠呼世晴集英社アニプレックスufotable』より引用

 

胡蝶しのぶと胡蝶カナエはその悲鳴嶼の姿を見て、同じように強くなって守りたいと思い、鬼殺隊に入隊することを決意します。

 

栗花落カナヲとの関係

f:id:shinyaw:20200102014341j:plain

『©吾峠呼世晴集英社アニプレックスufotable』より引用

 

鬼殺隊に入隊してからしばらく経ち、おそらく胡蝶カナエが鬼殺隊のトップである柱の一角の花柱になった頃。

 

街で親に売り飛ばされ、人買いに縄で縛られていた栗花落カナヲを見かけます。

 

その姿に見かねた胡蝶姉妹は人買いに金を渡し、カナヲを買い取って、胡蝶家に向かい入れます

 

それが胡蝶姉妹とカナヲとの出会いでした。

 

それからカナヲは継子として胡蝶姉妹と共に修行をしていきます。

 

胡蝶しのぶの過去

f:id:shinyaw:20200102004955j:plain

『©吾峠呼世晴集英社アニプレックスufotable』より引用

 

しのぶとカナエは姉妹揃って共に訓練し、強くなっていきましたが、ある日、胡蝶カナエが十二鬼月の上弦の弐である童磨によって殺されてしまいます

 

しのぶは童磨の姿を見ることなく、カナエが亡くなるところに立ち会います。

 

姉であるカナエは妹のしのぶに対して、以下のことを願っていました。

 

鬼殺隊をやめて、普通の女の子としての幸せを手に入れて、お婆ちゃんになるまで生きてほしい。

 

しのぶでは自分を殺した童磨には勝てないと思ったカナエは妹のしのぶに敵討ちで死んでほしくないと思っていたんですね。

 

姉の羽織と意思の継承

f:id:shinyaw:20200102005631j:plain

『©吾峠呼世晴集英社アニプレックスufotable』より引用

 

胡蝶しのぶが現在着ている羽織は亡くなった姉のカナエが着ていたものになります。

 

冨岡が錆兎の羽織を着ているのと同じように、しのぶも姉のことを忘れないように着ているんでしょうね。

 

しのぶは羽織と共に姉のカナエの意思も引き継ごうとしていて、姉のカナエは

 

鬼と仲良くしたい。

 

ということを願っていた優しい人でした。

 

しのぶは鬼に両親や姉を殺されたことで鬼に対して激しい怒りを抱きながらも、姉の願いを継いで鬼と仲良くしたいとも考えています。

 

相反する2つの気持ちで葛藤しているので、さぞかし複雑な心境でしょうね。

 

しのぶは姉のカナエが亡くなる前はとても感情が表に出るツンケンとした性格でしたが、姉のカナエが亡くなってからはカナエの真似をしているのか、常に笑顔を浮かべて、感情を落ち着かせるようにもしています。

 

しのぶは姉であるカナエから色んなものを受け継いでいるんですね。

 

姉の復讐に走る

f:id:shinyaw:20200102005533j:plain

『©吾峠呼世晴集英社アニプレックスufotable』より引用

 

しのぶは姉の願いを分かっていながらも、姉のカナエが願った幸せになる道ではなく、自分が心から愛していた姉を殺した上弦の弐・童磨への復讐の道へと進んでしまいます。

 

上の画像の通り、童磨と対峙した時のしのぶは取り繕っていた笑顔なんて見るかげもなく、怒りの感情が湧いていますね。

 

ネタバレをしてしまうと、しのぶは童磨によって吸収され、殺されてしまうのですが、体に仕込んでいた藤の毒によって童磨を弱体化し、継子であるカナヲが童磨の首をはねて、復讐を達成します。

 

涙が止まらない最後でしたね。

 

f:id:shinyaw:20200102074133j:plain

『©吾峠呼世晴集英社アニプレックスufotable』より引用

胡蝶しのぶの過去について描かれている原作漫画の巻

 

胡蝶しのぶの過去やしのぶと童磨の戦闘シーンは原作の漫画16・17巻で詳しく描かれています。