【鬼滅の刃】風柱・不死川実弥の悲惨な過去

マンガ・アニメ・ラノベ
『©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable』より引用
マンガ・アニメ・ラノベ 鬼滅の刃
この記事は約9分で読めます。

《この記事は以下の人向けです》

  • 『鬼滅の刃』が好きな人
  • 不死川実弥の過去を知りたい人

 

どうもー、シンヤです!

 

今回のこの記事では、『【鬼滅の刃】風柱・不死川実弥の悲惨な過去』について書いていきます。

 

【鬼滅の刃】の鬼殺隊に入隊している人たちの中にはなんらかの壮絶な過去を送ってきている人が多くいます。

 

この記事では、鬼殺隊のトップである柱。

 

9人の柱たちの中の風柱・不死川実弥の過去についてまとめていきたいと思います。

 

不死川実弥がどうして鬼殺隊に入隊したのかということから過去になにがあったのか、弟との関係性までまとめていくので、既に原作のマンガを読んで知っているという人も復習のために読んでみてください。

 

\【鬼滅の刃】のご購入はこちら!/

 

 

スポンサーリンク

不死川実弥の過去

『©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable』より引用

 

不死川実弥は昔、母親と6人の兄妹と共に暮らしていて、実弥は不死川家の長男でした。

 

父親は家庭で暴力を振るうロクでなしで、外からも恨みをかっており、ある日恨みをかっていた誰かに刺されて亡くなっており、母親は朝から晩まで毎日のように働いていました。

 

不死川家の次男は炭治郎と同期で鬼殺隊に入隊した不死川玄弥で、玄弥に対して、

 

家族は俺たち二人で守ろう。

親父は刺されて死んじまった。

あんなのは別にいない方が清々するけど、父親がいねぇとなると皆心細いだろうから。

これからは俺とお前でお袋と弟たちを守るんだ。

いいな?

 

と話すほど優しい兄でした。

 

ある日、母親がいつまで経っても家に帰ってくることがなく、不思議に思った実弥は兄妹を家に置いて、母親を探しに外に出ます。

 

実弥と母親の帰りを家で待っていると、そこに1匹の鬼がやってきて、兄妹たちを惨殺してしまいます

 

夜の暗闇の中、その鬼は玄弥にも襲いかかろうとしましたが、間一髪のところで実弥が家に帰ってきて、鬼を外に連れ出します。

 

なんとか生き残った玄弥は兄を追って外に出ると、そこには鉈を手に持ち、血まみれになっている実弥と、血だらけで横たわっている母親の姿がありました。

 

玄弥たち兄妹を襲った鬼は彼らの母親だったのです。

 

その光景を見た当時の玄弥は鬼のことも知らないので、襲ってきたのが母親だと理解することができず、助けてくれた実弥に向かって「人殺し!!」と言って罵ります。

 

自分が玄弥を助けるために殺したのが実の母親だと知ったショックに加えて、命を助けた実の弟に人殺しだと言われた実弥の気持ちを思うと胸が苦しくなりますね。

 

『©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable』より引用

 

風柱になるまでの不死川実弥

 

玄弥を救うために鬼となった実の母親を殺した実弥は玄弥の元を離れ、呼吸や日輪刀の存在を知らないまま鬼を滅殺する日々を送ります

 

様々な武器を用いて、鬼を拘束し、朝日に当てることによって退治していたのです。

 

そんな日々を送っていると実弥はある日、粂野匡近という隊士に出会います。

 

その隊士に育手を紹介してもらい、風の呼吸を身につけ、実弥は鬼殺隊へと入隊することになるのです。

 

呼吸を覚え、鬼殺隊に入隊した後も同じように鬼を滅する日々を送るのですが、ある日、実弥は匡近と共に下弦の壱である鬼に遭遇します。

 

2人がかりでその下弦の壱と戦い、なんとか倒すことができるのですが、共に戦った匡近は実弥を残して戦死してしまいます。

 

この功績を認められ、実弥は風柱の称号を与えられることになるのです。

 

『©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable』より引用

 

追ってきた弟を突き放す

 

ここで一度、玄弥の話に入るのですが、実弥と別れたあとの玄弥は実弥に言った言葉を後悔し、もう一度会って謝りたいと思っていました。

 

そこで風の噂で兄である実弥が風柱になったことを聞きつけた玄弥は鬼殺隊に入ることを決意し、現岩柱の悲鳴嶼行冥に弟子入りして、呼吸は使えないものの、鬼の血肉を食することで、自身の肉体を疑似的に鬼化させることができる自らの特異体質悲鳴嶼によって教えられた反復動作による身体強化によって鬼殺隊に入隊することができました。

 

『©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable』より引用

 

玄弥は兄である実弥と同じ柱になれば、兄に認められ、謝ることができると考えていました。

 

その考えから、玄弥は早く強くならなければいけないという焦りに駆られ、鬼殺隊の最終戦別で「日輪刀を早く渡せ」と試験官につかみかかったり、上弦の鬼を倒したと言われていた炭治郎に強気な態度をとったりしていたのです。

 

そんなこんなで玄弥は兄に会うために柱になれるほどの強さを求めていたのですが、柱たちから直々に隊士たちが特訓を受ける柱稽古の時に実弥と話す機会を得ます。

 

そこで玄弥は過去のことを謝ろうとするのですが、実弥は「弟なんていねぇ」と言ったり、玄弥を再起不能にして鬼殺隊をやめさせようとします。

 

弟である玄弥を突き放そうとするのです。

 

『©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable』より引用

 

最愛の弟を失う

 

玄弥と実弥の仲は特に元に戻らぬまま、不死川兄弟は最終決戦を迎えます。

 

上弦の壱との戦闘で玄弥が死にかけたときに実弥は玄弥に対して本心を話します。

 

……テメェは本当にどうしようもねぇ弟だぜぇ。

なんのために俺がァ母親を殺してまでお前を守ったと思ってやがる。

テメェはどっかで所帯持って、家族増やして爺になるまで生きてりゃあ良かったんだよ。

お袋にしてやれなかった分も、弟や妹にしてやれなかった分も、お前が、お前の女房や子供を幸せにすりゃあ良かっただろうが。

そこには絶対に俺が鬼なんか来させねぇから……。

 

実弥は玄弥に鬼と関わらないところでずっと幸せに生きて欲しかったんですね。

 

強気な口調で睨みつけたり、鬼殺隊をやめさせようとしたのも、全ては玄弥のためを思っての行動だったのです。

 

最終的に玄弥は上弦の壱に殺されてしまい、鬼が滅っされる時のようにチリになって消えてしまいました。

 

不死川兄弟の最後のシーンは涙なしには見られませんね……。

 

とても切なくて、悲しい最後でした。

 

『©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable』より引用

 

不死川実弥の過去について描かれている原作マンガの巻

 

風柱・不死川実弥の過去については原作マンガの13巻で詳しく描かれています。

 

 

【鬼滅の刃】を無料で見る方法

 

《U-NEXT》に登録すれば、【鬼滅の刃】を無料で見ることができます!

 

《U-NEXT》は現在31日間の無料体験を行っているので、とりあえず登録してみて1ヶ月間楽しんでから解約すれば、無料で動画を楽しむことができます。

 

\漫画・アニメ・ラノベが楽しめる!/

 

《U-NEXT》をオススメするのは、《U-NEXT》は見放題の作品数がNO.1だからです。

 

動画見放題14000本

動画レンタル(ポイント作品)30000本

書籍・漫画・ラノベ合計520000冊以上

雑誌読み放題70誌以上

 

《U-NEXT》ならアニメやドラマ、映画などの動画作品から漫画、ライトノベル、雑誌までラインナップがかなり充実しており、エンタメをひたすらに楽しむことができます。

 

【鬼滅の刃】ならアニメ、原作マンガともに見られます!

 

《U-NEXT》は、

 

『ないエンタメがない。』

 

を売り文句にしているだけあって本当にない作品がありません。

 

月額1,990円と他の動画配信サービスよりも少し高めの料金ではありますが、中途半端な作品数しかないサービスに登録するよりもお得だとは思いませんか?

 

最短1分で登録することが出来るので、以下のボタンから早速エンタメ作品を楽しめます!

 

\漫画・アニメ・ラノベが楽しめる!/

 

\【鬼滅の刃】のご購入はこちら!/

スポンサーリンク
シンヤブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました