シンヤブログ

アニメに救われて本の虫になった男が綴るブログ

MENU

今の時代に投資をしないのは自殺行為。投資をしないといけない理由

《この記事は以下の人向けです》

  ‣投資をしていない人

  ‣投資に興味がない人

 

f:id:shinyaw:20200109142841j:plain

 

どうもー、シンヤです!

 

今回のこの記事では、『今の時代に投資をしないのは自殺行為。投資をしないといけない理由』について書いていきます。

 

投資と聞くと、難しそうだったり、金持ちがやること、なんていう印象を抱いたりしていませんか?

 

今の時代に昔の人と同じように銀行に貯金ばかりして、財布を太らせ、投資をやろうとしないのは実はかなりリスクのある選択です。

 

そのことについて、いったいどういう事なのかをデータに基づいて解説していきます。

 

 

昔は貯金さえしていればよかった

f:id:shinyaw:20200109140213j:plain

 

日本人は『貯金が美徳』という価値観を古くから持ち、多くの人が少ないながらも老後のためや何かあった時のためと言って、貯金をしていることだと思います。

 

貯金と言えば、銀行にお金を預けて貯金をしている人がほとんどだと思いますが、銀行に預金をするにあたって金利というものが発生しますよね。

 

一応、金利がなんなのか分からない人のために念のために説明しておきます。

 

金利

 

貸金・預金に対する利子。

また、その割合のことで銀行金利の場合は1年間での利子。

 

 

今の時代の日本の銀行の預金金利は0.001%です。

 

今は低金利と言われている時代なのですが、昔はどれくらいの預金金利があったのか、あなたは知っていますか?

 

預金金利が今の0.001%になるまでの推移は以下のグラフの通りです。

 

f:id:shinyaw:20200109085031p:plain

『(株)農林中金総合研究所 組合金融2001年春号』より引用

 

なんと、バブル期には金利が10%以上もあった時期も一時期は存在していたんですね。

 

投資で得られる利回りは約5%とよく言われていますが、昔は銀行にお金を預けるだけで投資と同じか、それ以上の利益を得ることが出来ていました

 

この事実を知った上で今の銀行金利である0.001%という数字を見ると、呆れなんかを通り越して思わず笑ってしまいませんか?(笑)

 

100万円預けても1年で1000円しか増えないんですから、今の時代の金利なんてないも同じです。

 

さらに昔は消費税などの税金も今ほど高くないので、国に持っていかれるお金も少なく、昔は懐にお金を沢山得ることが出来ていたのです。

 

そんな世の中ならべつに投資なんてしなくてもやっていけます。

 

というか、銀行金利が10%もあれば100万円を銀行に預けたら1年で10万円も貰えて、1000万円も預けていれば、年に100万円も貰えるんですから「普通に人生変わるだろ」って言いたいですね。

 

今の時代から考えれば、昔の日本はまるで夢のような世界です。

 

今は投資に回さないとヤバい

f:id:shinyaw:20200109134344j:plain

 

以上でも述べた通り、現在の投資の利回りというのはだいたい5%くらいだと言われているなか、昔は銀行にただ預けるだけで10%ほどの預金金利を貰えるという夢のような世界だった時も日本にはありました。

 

そして、今の銀行の預金金利は0.001%とほぼ金利なんてないと言ってもいい状態です。

 

昔は預金さえしていれば、今の投資と同じか、それ以上のお金を得ることができ、そのお金で生活することが出来ていましたが、今はそうはいきません。

 

日本人には貯金しかしていないという人が多いですが、今では金利はほぼないものとなり、昔は当たり前に得られていた預金金利という名の副収入はもうありません。

 

だから、今の時代に投資をやっていなくて、貯金しかしていないというのは収入を少なくなった給料だけにして、得られるかもしれない5%の利回りすら完全に放棄する行為なのでヤバいのです。

 

少し前に2000万円問題なんてものもありましたが、2000万円も用意するには貯金だけでは難しく、投資のスキルがほぼ必須ですし、国も投資をして資産を増やすように声をあげて推奨しています。

 

日本人は少し投資に敬遠気味な傾向がありますが、これからの時代は投資スキルというのは必須の身につけておかなければいけないスキルだと言っても過言ではないと思います。

 

今の時代は昔よりも金利が圧倒的に下がり税金が増え給料やボーナスもかなり減少しています。

 

今のお年寄りの生きてきた時代とこれから生きていく若い人たちの世界は完全に別物です。

 

口うるさいお年寄りからの人生の先輩としてのアドバイスや苦労話なんてものをよく聞きますが、老人たちよりも今の若者の方がよっぽど苦労していて、厳しい世界で生きていますし、世界観がそもそも違います。

 

お年寄りからのアドバイスも苦労話もほとんど参考になんてならないでしょう。

 

なので、今のお年寄り世代の言うことは聞かないというのが一番の得策です。

 

昔の人が言う昔の生き方なんて無視して、今の時代にあった今の生き方をしましょう。

 

オススメの投資先

f:id:shinyaw:20200109134217j:plain


一応、個人的にこれから伸びてくると思う投資先をオススメしておきます。

 

海外の株

 

投資と聞けば、株式投資が一番に思い浮かぶ人が多いと思いますが、株式投資をするなら海外企業の株を買うことをオススメします。

 

少子高齢化や5Gなどにより、日本の経済は2020年をピークにほぼ確実と言っていいレベルで落ち始めることになります。

 

データ的にも既に日本企業に投資をしても大してお金が増えないことが明らかになっているので、いま株を買うなら間違いなく海外企業がいいです。

 

短期投資なら日本企業でも大して問題はないと思いますが、長期的に見る長期投資をするのなら日本企業は避けた方がいいでしょう。

 

やはり人口が多いと、経済も発展するので、中国インドなどの国の企業に投資するのがいいのかもしれませんね。

 

仮想通貨

 

仮想通貨と呼ばれているのが一般的ですが、正式名称は暗号通貨と呼ばれるものです。

 

仮想通貨ブームが一時期起こり、あれで仮想通貨は収束したように思えるかもしれませんが、仮想通貨はこれからが本番です。

 

ブロックチェーンでの管理など、仮想通貨には法定通貨にはない多くの利点があり、単純に便利で安全性の高いものなので、これから多く利用されることが考えられます。

 

あの世界トップ企業のGAFAの一つであるFacebookもLibura(リブラ)という仮想通貨を作り、仮想通貨事業に参入しています。

 

仮想通貨で一番有名なのはBitcoinビットコイン)だと思いますが、仮想通貨にはRipple(リップル)やEthereum(イーサリアム)などのビットコイン以外の仮想通貨、通称アルトコインと呼ばれるものがいくつもあり、その種類は1000種類を軽々と超えています。

 

どの仮想通貨が飛び抜けてくるのかは分かりませんが、仮想通貨は今後も伸びてくるもののひとつだと思うので、今から投資しておけば儲けられる可能性が十分にあると思います。

 

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX