シンヤブログ

アニメに救われて本の虫になった男が綴るブログ

MENU

劇場版OVA映画【ゴブリンスレイヤー GOBLIN’S CROWN】公開日に見れたので情報や感想のまとめ(ネタバレ少なめ)

《この記事は以下の人向けです》

  ‣『ゴブリンスレイヤー』が好きな人

  ‣『ゴブリンスレイヤー GOBLIN’S CROWN』を見る予定の人

 

f:id:shinyaw:20200108170221p:plain

『©蝸牛くもSBクリエイティブゴブリンスレイヤーGC製作委員会』より引用

 

どうもー、シンヤです!

 

今回のこの記事では、『劇場版OVA映画【ゴブリンスレイヤー GOBLIN’S CROWN】公開日に見れたので情報や感想のまとめ(ネタバレ少なめ)』について書いていきます。


映画をまだ見ていないという人は楽しみを増幅させるために、もう見たという人は思い出して余韻を楽しむために、見に行くか迷っている人はこれを見て行くか決める参考にしていただけると幸いです。

 

 

劇場版OVA映画【ゴブリンスレイヤー GOBLIN’S CROWN】の原作ライトノベルはこちら!

 

 

概要やあらすじなどの情報


概要や内容・あらすじなどの【ゴブリンスレイヤー GOBLIN’S CROWN】に関する主な情報は前に以下の記事で書いたので読んでみてください。

 

www.shinyawblog.com

 

感想

f:id:shinyaw:20200201185224j:image

 

ゴブリンスレイヤー GOBLIN’S CROWN】の感想ですが、まず思ったのは入場者特典でドラマCDを出しているのは、かなり豪華ですよね。

 

初めて入場者特典の情報を見た時には驚きましたし、ドラマCDを映画の特典にしている映画なんて初めて見ました。

 

原作のライトノベルの購入特典によくドラマCDを付けている【ゴブリンスレイヤー】らしいサービスです(笑)

 

これはゴブスレファンとしては嬉しいですね。

 

ここから【ゴブリンスレイヤー GOBLIN’S CROWN】本編の感想を書いていきます。

 

ゴブリンスレイヤー GOBLIN’S CROWN】は相変わらず【ゴブリンスレイヤー】らしさ全開のなかなかのダークファンタジーっぷりでした。

 

主人公らしからぬゴブリンスレイヤーゴブリンを殲滅するためだけを目的とした手段を選ばない戦略が今回も光っていましたね。

 

まず、戦闘シーンですが、映画が始まってすぐに戦闘シーンが始まり、ゴブリンを倒しに行く話なので当たり前のことではありますが、終始戦いっぱなしでした。

 

戦闘シーンは特にカメラワークがよかったですね。

 

ローアングルの映像なんかは臨場感があってめちゃくちゃよかったです。

 

それと、【ゴブリンスレイヤー】なのでいつものことですが、ゴブリンがなかなかのグロさで殺されていて、めちゃくちゃ死んでましたね。

 

合計100体近くはいたと思います。

 

それをあらゆる手段を使って皆殺しにするんですから、さすがゴブリンスレイヤーですね。

 

ゴブリンスレイヤー】はゴブリンを殺すことが主になっているので、ほかの映画のように大爆破が大量に起こったりなんてことはないので、少しインパクトにかける印象はありましたが、そこも【ゴブリンスレイヤー】のいいところです。

 

あっ、言い忘れていましたが、令嬢剣士の味方がやられた時の生首はなかなかのグロさでインパクトもありました(笑)

 

ファンタジー世界でありながら、徹底的にリアルを追求した感じは【ゴブリンスレイヤー】でしか出せない世界観ですね。

 

ヒロインたちの方はアニメ同様、女神官と妖精弓手は映画でもとても可愛らしかったです。

 

個人的に妖精弓手が話している場面が多かったので、とても満足ではあるのですが、女神官と妖精弓手の温泉シーンで、原作にはある妖精弓手が温泉を嫌がっているシーンがなかったのが、個人的には少しだけ残念でしたね。

 

妖精弓手は性格的にタオルで隠したりしないので、そこの描写は出来なかったんですかね(笑)

 

今回の映画が初登場になる令嬢剣士は前半は気が強く、ツンツンしていましたが、後半では泣いている場面が多くありましたね。

 

ゴブリンスレイヤーからも「お前はよく泣く子だ」と言われていました(笑)

 

泣き姿はとても可愛らしく、最後のゴブリンスレイヤーから剣を受け取るシーンはめちゃくちゃよかったです。

 

自分の意思を示すために自ら長い金髪を断髪するシーンがありましたが、個人的にはツインテールやロングヘアーよりもショートヘアーの方が好きでした。

 

まあ、これは完全に個人的な趣味ですね(笑)

 

今回の劇場版OVA映画【ゴブリンスレイヤー GOBLIN’S CROWN】はヒロインたちは相変わらず可愛かったですし、戦闘シーンはカメラワークが素晴らしくとても臨場感がありました。

 

OVA映画なので、少し短く感じましたが、個人的には特典も豪華ですし、十分満足です。

 

原作にはあって映画にはなかった場面も多くあったので、気になる人は原作のライトノベルの方も買って読んでみてください。

 

ライトノベルゴブリンスレイヤー

 

 

ゴブリンスレイヤー】アニメDVD