【探偵はもう、死んでいる。】第3巻の発売日と内容の予想

マンガ・アニメ・ラノベ
マンガ・アニメ・ラノベ 探偵はもう、死んでいる。
この記事は約4分で読めます。
《この記事は以下の人向けです》

‣『たんもし』を読んでいる人

‣第3巻の情報を知りたい人

どうもー、シンヤです!

今回のこの記事では、『【探偵はもう、死んでいる。】第3巻の発売日と内容の予想』について書いていきます。

【たんもし】・第2巻では、死んだシエスタの残していた映像を介して、1年前に死に別れたときの真実が語られました。

第2巻の終わり方が、これから先の展開を期待させるようないいところで終わっていたので、早く続きが読みたいと思っている人も多いのではないかと思います。

なので、この記事では【たんもし】・第3巻の発売を刻一刻と楽しみにしている人のために、【たんもし】・第3巻の発売日と第3巻で語られる主な内容を個人的に予想しました。

スポンサーリンク

【たんもし】第3巻がいつ発売するのか?

おそらく、【たんもし】・第3巻の発売日は2020年3月25日です。

その理由は、MF文庫Jは基本的に25日に出版していて、作者である二語十さんはこれまで【たんもし】・第1巻を11月25日、第2巻を1月25日に出版しています。

第1巻と第2巻の発売までの期間は2か月とかなり本の出版では短い期間なのですが、二語十さんがこのペースを保つことができれば、2か月後の2020年3月25日に出版される可能性が一番高いと思います。

ですが、このままずっと2か月に1冊のペースで出版していくのはなかなか難しいと思うので、3か月後や4か月後の2020年4月25日2020年5月25日になる可能性も十分あります。

作者の二語十さんはまだ小説家になりたての新人の方なので、どちらにしてもそこまで大幅に出版が遅れることはないでしょうね。

【たんもし】第3巻の主な内容の予想

真実を知った夏凪渚

まず、【たんもし】・第3巻の初めに入ってくるのは間違いなく、【たんもし】・第2巻で語られた1年前に起こった過去に対する4人の反応ですね。

君塚やシャーロットはシエスタの死の真実を知ったことに衝撃を受けるでしょうし、斎川は自分のことが予言されてたことに驚くでしょう。

そして、特に衝撃を受けるのは夏凪渚です。

夏凪渚という存在は、シエスタのおかげで成り立っているようなものですし、夏凪は自分の意思でなくとも、シエスタを殺したようなものです。

夏凪の性格的に罪悪感を抱く可能性が高いと思います。

夏凪渚の過去については以下の記事でまとめてあるので読んでみてください。

www.shinyawblog.com

戦う決意をするシエスタの遺産たち

【たんもし】・第2巻で、シエスタは過去を4人に騙り始める前に以下のセリフを言っています。

助手、君には思い出してほしい。

そして、他のみんなにも知ってほしい。

その上で――決断をして欲しいんだ。

シエスタは真実を知ってもらった上で4人にどうするのかを決めてもらいたいと思っています。

そして、ここでする決断とは十中八九、シエスタが戦ってきていた敵《SPES》と戦うかどうかでしょう。

君塚とシャーロットは戦うことを即決するでしょうし、斎川は少し迷うとは思いますが、最終的には戦うことを決めるでしょう。

問題は夏凪です。

夏凪は自分の過去を知り、罪悪感を感じるでしょうし、シエスタの仲間だった君塚やシャーロットと一緒にいる権利がないなんてことを考えそうな気がします。

それでも、最終的には君塚たちに説得され、名探偵代行として《SPES》と戦う決意をすることにはなるでしょうね。

《SPES》に関する情報は以下の記事にまとめてあるので読んでみてください。

www.shinyawblog.com

どこかに行くことになる4人

【たんもし】・第2巻では、シエスタのお墓参りに行く途中に誘拐されて何も見えない真っ暗な空間でシエスタから過去を語られていました。

過去を語り終え、4人に《SPES》と戦う決意をしてもらったあとにシエスタがすんなりと4人を家に返すかと言われるとそれはないように思えます。

映像越しにシエスタから過去を語られていたあの場所は実は飛行機の中とかで、早速どこかに連れていかれるのではないでしょうか。

シエスタが死んでしまった最終決戦の地でもある《SPES》の本拠地だった島に行ったりしたら面白そうですね。

さすがに基地の場所を移動していると思うので、《SPES》のメンバーがいるなんてことはないと思いますが、《SPES》の基地が移動したという事実確認はしておく必要はあると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました