【スパイファミリー】第4巻の発売日の予想と主な内容

スパイファミリー
『© SHUEISHA Inc. All rights reserved.』より引用
スパイファミリー マンガ・アニメ
この記事は約5分で読めます。

《この記事は以下の人向けです》

‣『スパイファミリー』を読んでいる人

‣第4巻の情報を知りたい人

 

どうもー、シンヤです!

 

今回のこの記事では、『【スパイファミリー】第4巻の発売日と内容の予想』について書いていきます。

 

【スパイファミリー】・第3巻では、新キャラのユーリの登場やアーニャが初のステラを獲得するなど、様々な進展がありましたが、最後に謎の犬が登場していて先が気になる展開になっていました。

 

早く続きが読みたいと思っている人も多いのではないかと思います。

 

なので、この記事では【スパイファミリー】・第4巻の発売を刻一刻と楽しみにしている人のために、【スパイファミリー】・第4巻の発売日と今のところわかっている第4巻で語られる主な内容をまとめました。

 

【スパイファミリー】第4巻の発売日

 

【スパイファミリー】・第4巻の発売日はまだ公式では発表されてはいませんが、4月4日(土)になる可能性が高いです。

 

その理由は、これまで【スパイファミリー】は第1巻が7月4日(木)、第2巻が10月4日(金)、第3巻が1月4日(土)にそれぞれ発売しています。

 

【スパイファミリー】は、綺麗に3ヶ月置きに出版されているので、次の【スパイファミリー】・第4巻も第3巻の発売日である1月4日(土)から3ヶ月後の4月4日(土)になる可能性が一番高いです。

 

【スパイファミリー】第4巻の主な内容

学生集団のテロリスト

f:id:shinyaw:20200307105803j:image

『© SHUEISHA Inc. All rights reserved.』より引用

 

初のステラを貰ったアーニャのご褒美としてペットとなる犬を見つけにいくのですが、その途中でロイドは呼び出され、任務を受けることになります。

 

その任務の内容は以下の通りです。

 

今夜の会談を狙ってブランツ外相の暗殺を目論んでいるテロリストがいる。

 

その暗殺を阻止し、テロリストを解体せよ。

 

まあ、ざっと以上の内容の任務になります。

 

テロリストはバーリント大に通う学生集団で、捕まえた仲間のひとりから吐かせた情報によると、訓練された複数の犬に爆弾を括りつけ、移動中に急襲する作戦のようです。

 

つまり、爆弾犬ですね。

 

未来を見られる爆弾犬

f:id:shinyaw:20200307110326j:image

『© SHUEISHA Inc. All rights reserved.』より引用

 

アーニャはロイドが任務で離れているあいだにヨルから離れてしまい、運悪くそのテロリストたちの話を盗み聞きしてしまいます。

 

アーニャは聞いているところをテロリストの1人に見つかってしまい、話を聞かれたからには逃すわけにはいかないので、アーニャは殺されそうになるのですが、爆弾犬に利用されるはずだった1匹の犬に助けられます。

 

のちにわかることになるのですが、その犬はなんと未来を見ることができる超能力を持った犬なのです。

 

その犬は人間くらいの知能を持った動物を生み出す実験を過去に受けていたらしく、未来予知の能力はその副産物で身に付いたもののようです。

 

実験の主だった人間並みの知能は持っていませんが、普通の犬よりかははるかに賢く、未来を見ることが出来るので、未来を予知して動くこともあります。

 

アーニャは人の心を読む能力を持っていますが、アーニャが実験を受けていた施設と犬が実験を受けていた施設は同じ実験施設のようでした。

 

アーニャは人の心だけでなく、動物の心も読むことができるので、その未来予知ができる犬の心を読むことによってアーニャも未来予知をします。

 

その未来予知と読心術を用いて、アーニャも犬と共にテロリストの計画の阻止に動きだすのです。

 

フォージャー家にようこそ

f:id:shinyaw:20200307105825j:image

『© SHUEISHA Inc. All rights reserved.』より引用

 

まあ、過程はすっ飛ばしますが、なんやかんやあってテロリストの作戦を防ぎます。

 

今回のこのテロリストを阻止するミッションはスパイファミリーであるロイド・ヨル・アーニャの3人が3人ともそれぞれ活躍していて、これまでの話の中で一番協力しあっていましたね。

 

めちゃくちゃ面白かったです(笑)

 

テロリストの作戦を潰したロイドたちは爆弾犬に利用された犬を回収しなければいけないのですが、アーニャは共に行動した未来予知ができる犬を可哀想だと思い、欲しがります。

 

ロイドたちはそれでも説得して回収しようとしましたが、頭がいいアーニャはグレて学校に行かないと言って脅します。

 

アーニャが学校に行くのは、オペレーション《梟》の要なので容認せざる負えなくなり、ロイドがその犬を監視するということで、その犬を飼うことに決まります。

 

こうして、スパイの父・殺し屋の母・人の心を読める娘・未来予知ができる犬という新しい家族を加えた異次元の家族ができあがります。

 

フォージャー家、メンツがエグイですね(笑)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました